シミにはさまざまな種類があります。その中でも多くの人が悩んでいるシミの原因が「メラニン色素の沈着」によるシミ。

この色素沈着がどのように起こるのか知っていますか?シミの原因とそれを解消する方法、アイテムを知って、シミを作らない生活を送りましょう。

紫外線をカットしてシミの原因をカット

シミの一番の原因と言えば、紫外線です。このことはよく知られていますね。一昔前までは「夏だけしか紫外線カットをしなくてOK」というのが通説でした。しかし今では、冬であっても紫外線予防をしなければシミの原因になると言われています。

これは事実で、絶対にシミを作りたくない・予防したいという人は年中紫外線カットのケアが必要になります。家の中でも日焼け止めを塗っておいた方がいいでしょう。

なぜ紫外線を受けるとシミができるのかご存じですか?簡単に説明していきましょう。

肌の表面の細胞(ケラチノサイト)を紫外線が刺激することによって、メラニン色素を生成するための色素細胞(メラノサイト)にシグナルが送られます。

そのシグナルを受けた色素細胞がメラニンを生成する酵素であるチロシナーゼを生み出してしまいます。そしてチロシナーゼが肌の中で働くことによってメラニン色素が生まれてしまうのです。こうして生まれたメラニン色素がシミと化していくのです。

受けた紫外線ダメージは医薬部外品シミ対策アイテムでケア

メラニン色素はできてすぐシミになるわけではありません。生成されたメラニンが肌に蓄積することによってどんどん色が濃くなり「シミ」となります。

紫外線を受けてしまったと自覚している日は、必ずその日のうちに美白コスメでケアをしておきましょう。医薬部外品のシミに働きかけるスキンケア用品が手軽に使えておすすめです。

医薬部外品のシミ対策化粧水やクリームには、シミを薄くする効果はありません。名前だけ見るとシミを消してくれるような名前をしていますが、「効能」などの表記を見ればハッキリとわかります。「メラニン色素の生成予防」にしかならないと明記されているからです。

紫外線をたっぷりと浴びてしまった日はこうした医薬部外品のシミ対策アイテムを利用してケアをしましょう。ケチらずにたっぷりと使うことが大切です。

シミは消すより予防が簡単!日頃から美白コスメでシミ対策を

一度できてしまったシミはなかなか消えません。そのため、できる前に予防しておくのが一番いいんです。

シミに限らず、美容においては「お直しよりお手入れ」という大原則があります。悪いところをなくそう、直そうと思うよりも、良いところを守ろう、伸ばそうとお手入れをする方がキレイになれるんです。

そのため、紫外線を浴びた日は入浴による全身ケアや、安価な医薬部外品のシミ対策アイテムでのケアを積極的に行ないましょう。自覚がなくとも紫外線を浴びている可能性がありますから、毎日使える刺激の少ない美白コスメを使ってケアをすることがとても大切です。

全身ケアには入浴剤がおすすめ

全身に紫外線を浴びてしまった時は、スキンケアアイテムだけでケアをするのは大変です。こういう時は入浴でケアをしましょう。

ただのさら湯に入浴するだけではあまり意味がありません。紫外線ケア成分の入っている入浴剤を入れたお風呂に入るのがベストです。ビタミンC誘導体が入っている入浴剤であれば美白効果は高いでしょう。

「急のことで入浴剤がない!」という時は、緑茶や紅茶などをガーゼに包んでお風呂に入れて入りましょう。これらの茶葉にはビタミンやタンニンなど、肌に良い成分がたっぷりと含有されています。

出がらしでも充分に効果があります。先にお茶を淹れてコップなどに移しておいてから茶葉と一緒に入浴し、入浴後にお茶を飲めばばっちりですね。体内と体外の両方から紫外線ケアができてしまいます。

意外?ニキビもシミの原因に

「シミの原因と言えば紫外線」と思われがちですが、実はニキビもシミの原因になり得るんです。ニキビができた時にきちんと対策をせずに、潰してしまったり、放置してしまったりすると、それがそのままニキビ跡になりますよね。

このニキビ跡も、シミの1つ。紫外線を浴びてできるメラニン色素とは成り立ち方が異なるものの、シミとして肌に定着してしまいます。顔のニキビがしっかり対策していても、背中など他の部分にできているシミに対して無頓着な人は多いのでは?

ストレスが溜まると全身にニキビができやすくなってしまいます。その上、イライラして全身をごしごしとこすって洗ってしまいがち。ストレスが溜まっている時ほど、全身のニキビチェックを怠らないようにしましょう。

もしニキビができている場合は、ボディソープの泡で撫でるようにするか、自然素材のスポンジやタオルで優しく洗いましょう。そして洗った後は保湿を忘れずに。痒みがある場合は冷やしタオルをかぶせるなどの対処をしてください。

一時だけでもできてしまうとショックなニキビ。シミとなってずっと残ってしまうとショックですよね。そうならないようにきちんとケアをしてシミにしないようにしましょう。

ニキビでできてしまったシミへの対策に美白コスメは効く?

ニキビでできてしまったシミは、「シミになっている」時点で気付きます。すでに予防ケアではどうしようもないシミの状態です。そのため、美白コスメによるケアはあまり意味がないでしょう。

ニキビのうちにニキビ用のスキンケア用品でケアをしてシミにならないように予防することが大切です。ニキビの状態であれば、入浴ケアも有効なので試してみてください。

できてしまったシミは飲み薬で

できてしまったシミは、美白コスメや入浴だけでは薄くすることは非常に難しいと言えます。メラニン色素が定着してしまっている肌の角質を表面まで追い出して剥がし落とすには、内側からケアをする必要があります。これは、紫外線が原因であろうと、ニキビが原因であろうと同じです。

シミは皮膚の表面にあるように見えていても、何層にも重なった角質に染みついてしまっています。そうしたシミの付いた角質を全てなくすためには、外側からのケアだけでは限界があります。そのため、シミの飲み薬を飲んで体の内側からメラニン色素を薄くし、体の栄養を充実させて肌のターンオーバーを活性化する必要があるんです。

メラニン色素を薄くする効果があるのは飲み薬だけ!

外側からのケアではターンオーバーを早めて色素の付着した角質層を落とすしか方法がありません。しかし、シミの飲み薬にはメラニン色素を薄くする効果があります。内側にあるメラニン色素を薄くした上で、ターンオーバーを活性化し、ガンガンシミを薄くしていってくれます。

特にL-システイン・ビタミンCにそうした効果が認められています。紫外線によるシミを薄くしたい場合には、こうした成分を含有したシミの飲み薬を選びましょう。

シミの飲み薬にはシミを予防する効果もある

シミの飲み薬にはシミを薄くする効果だけでなく、シミができるのを予防する効果もあります。なので、「今日は紫外線を浴びるだろうな」と思う日にはシミの飲み薬を飲んで出かけた方がいいでしょう。その上で帰宅してからも薬を服用して美白コスメや入浴によるケアを行えばバッチリです。

日々のケアは外からよりも中からがオススメ

このように、シミを予防する対策術、できてしまったシミを薄くする対策術があります。自分の肌の状況と相談しながら、どんな対策をすればいいのか考えて、その時々にあったケアをしていきましょう。

行き過ぎたケアは逆に肌の負担になってしまうこともあります。特にキツすぎる美白コスメや入浴などの外からのケアは「外的刺激」となって肌荒れの原因になってしまうことも。毎日使うスキンケア用品と紫外線をたっぷり受けた日のスペシャルケア用品とは違う物を用意しておきましょう。

シミの飲み薬には色んな成分の物がありますが、基本的にどれも栄養素から成り立っています。一度飲んで副作用が出なかった物であれば、紫外線を浴びていない日もサプリメント感覚で毎日飲んでも構いません。日々気軽にケアをしたいのであれば、シミの飲み薬が一番手軽でおすすめできるアイテムです。