シミができる原因、ご存じですか?「紫外線を浴びたらシミになる」ということを知っている人は多いでしょう。しかし、なぜ紫外線がシミになるのかというところまで知っていますか?

シミの原因になるのは紫外線だけではありません。基本的な紫外線がシミを生み出すメカニズムから、それ以外のシミを生み出すメカニズムまで、徹底的に調べてまとめました。

紫外線が原因でシミができるメカニズム

まずは簡単に説明します。紫外線が肌を刺激することによって肌のあらゆる細胞が働き、結果としてメラニン色素を産出します。このメラニン色素が蓄積、沈着することによって「シミ」となるんです。

ものすごく簡単に説明するとこれだけです。それでは、肌のどの細胞がどのような働きをしてメラニン色素を生み出しているのか?詳しく見ていきましょう。

チロシナーゼがメラニンを作り出す

肌が紫外線の刺激を受けることによって、ケラチノサイトと呼ばれる表皮細胞からメラノサイト活性化因子が産生されます。そのメラノサイト活性化因子はメラノサイトという色素細胞にシグナルを送るための情報伝達物質です。

メラノサイト活性化因子によってシグナルを受けたメラノサイトは、自身の中に持っているチロシンというアミノ酸をドーパという物質に変化させます。ドーパがドーパキノンに、ドーパキノンがメラニンとなります。

この時、チロシンをドーパからメラニンに変化させていくのがチロシナーゼというメラニン生成酵素です。チロシナーゼが作用しなければチロシンがメラニンまで変化することはありません。チロシナーゼ作用の阻害こそが、シミを食い止めるカギになっています。

ドーパキノンがメラニンとなると、最初に刺激を受けた表皮細胞ケラチノサイトに溜まっていきます。どうしてこのような働きをするかというと、刺激を受けた部分を紫外線から守るためなんです。

メラニン色素が産出されるのは病気予防のためだった

現在では女の敵のように扱われているメラニン色素ですが、本当は紫外線か肌を守るために必要な物なのです。肌の表皮細胞でバリアーを作り、細胞が紫外線による刺激を直接受けないようにしてくれています。

紫外線のダメージを直接受けてしまうと、DNAの破壊や皮膚癌などが発生してしまいます。そのため、メラニン色素は人にとってなくてはならない存在です。しかし、現在では日焼け止めが開発されています。日焼け止めで紫外線から肌を守れば問題ありません。

紫外線以外のシミができる原因は?

それでは、紫外線の刺激を受ける以外のことが原因でシミができるのはなぜなのでしょうか?さまざまな理由があります。順番に見ていきましょう。

ニキビによって発生するメラニン色素

ニキビや火傷、炎症などが原因でメラニン色素が発生することもあります。上記で説明したように、メラニン色素となるアミノ酸チロシンはメラノサイトが持っています。このメラノサイトは紫外線だけから肌を守ろうとしているのではなく、あらゆる刺激から肌を守ろうとしているのです。

そのため、ニキビなど肌の深部に到達してしまいそうな肌トラブルが発生した時にもメラノサイトは反応します。チロシンをメラニンに変化させることで肌を外的刺激から守ろうとするのです。

肌トラブルが発生してすぐ、赤いうちに正しいケアを行えばメラニン色素が発生することを食い止めることができます。メラノサイトが危険を感じる前に危険を排除してしまえばいいということですね。

食生活やちょっとしたクセで生まれるシミ

糖質の多い食生活をしていると、顔が黒ずんだような大きなシミができることがあります。これは体の中で過剰に溜まってしまった糖質とタンパク質が結合して起こる糖化現象の結果です。

糖化現象は肌を黄色くくすませて固くし、不健康な肌にします。ターンオーバーが鈍くなってしまうため古い角質が落ちないまま肌表面に滞在し続け、黒ずんで見えてしまうんです。

また、顔を掻くクセがある、頬杖をつくクセがあるといった肌をいじる「クセ」がシミを生み出していることもあります。摩擦によって肌の表面に刺激を与えてしまって、メラニン色素が発生してしまっているんです。

肌を掻くクセがある人は特に要注意。メラニン色素が原因のシミではなく、肌が膿んでしまうことがあります。掻いた部分から菌が侵入して黒く固い傷のような物ができることがあります。こうなるとスキンケアや市販薬で治すのは難しいので、皮膚科に行きましょう。

日常生活のちょっとしたクセや食習慣で、どれだけスキンケアをしていても肌を悪くしてしまうことがあります。バランスの取れた食生活、肌をいじるクセの解消を心がけましょう。

肝斑もメラニン色素が原因?

女性ホルモンのバランスが崩れた時にできると言われている肝斑。肝斑は特別なケアをしないと取れないシミですが、シミの原因自体は他のシミと同じくメラニン色素なんです。

他のシミの場合、メラニン色素は肌の表皮細胞に集まります。しかし、肝斑の場合は毛細血管の炎症が原因でメラニンが発生しているのです。毛細血管の炎症が原因で発生したメラニン色素は毛細血管の付近で沈着してしまうため、特殊な形のシミとなってしまうのです。

紫外線によるシミと同じメラニン色素から成り立っているため、紫外線によって悪化することがあります。しかし、メラニン色素が沈着している場所が表皮細胞か毛細血管かで異なるため、同じ飲み薬では効果が望めないのです。

シミのほとんどはメラニン色素が原因

こうして見てみると、結果としてシミになっているのはほとんどの場合でメラニン色素です。肌が刺激を受けることによってメラノサイトがメラニン色素を生み出して表皮細胞に溜まっていくというのがシミができるメカニズムの基本というわけですね。

表皮細胞にメラニン色素が溜まることでできたシミにはシミの飲み薬が有効です。どれも肌のターンオーバーを活性化させて肌表面の角質を落とすことによってシミを薄くする効果が望めます。

ただし、毛細血管周辺にメラニン色素が沈着している肝斑、肌に菌が侵入することで化膿した状態はシミの飲み薬では治せません。肝斑の場合は肝斑専用の飲み薬やケアアイテムを。化膿してしまった場合は一刻も早く皮膚科に行くことが大事です。

シミの種類や特徴をこちらのページで紹介しています。自分のシミがどのタイプなのかわからないという場合は、こちらを参照してください。
シミにはいろんな種類がある?タイプ別シミの特徴をまとめてみました。