チョコラBBルーセントCはこんなお薬です

チョコラBBルーセントCは女性の栄養剤として有名なチョコラBBシリーズのシミ飲み薬です。チョコラBBシリーズの他の商品にはシミ消しの効果はなく、このチョコラBBルーセントCのみ、シミへの効果が明記されています。

人気のあるチョコラBBルーセントCですが、実際にはどのような商品なのか、買ってみないとわかりませんね。そこで管理人が実際にチョコラBBルーセントCを購入し、「どんな薬なのか?」「大きさや箱の中身、味やにおいは?」など、調査してみました!

チョコラBBルーセントCの商品解説はこちらのページへ
チョコラBBルーセントCを徹底調査!効果や副作用、値段についてまとめてみました。

チョコラBBルーセントCの商品外観

img_4806

キラキラと輝く星とシルバーとメタリックブルーの曲線が印象的なパッケージです。どことなく『癒し』を連想させる雰囲気がありますね。

「疲れていたらかわいくないぞ!」がチョコラBBのキャッチコピーなので、疲れを癒すというイメージを大事にしているのかもしれません。

写真は60錠入りの物です。1日に6錠飲むので、これだけだと10日分しかありません。旅行用のシミ薬にはちょうどいいですね。

チョコラBBルーセントCの外箱記載事項

img_4807

「シミ、そばかすに・・・表皮の舌からメラニンを無色化していく」というキャッチコピーが書かれています。シミの薬であることが一目でわかりますね。

他のシミ飲み薬によくある「ビタミンC主薬製剤」といった表記はありません。ではビタミンC主薬製剤ではないのかというとそういうわけでもなく、中の説明文書にはビタミンC主薬製剤の表記があります。

そう名乗りながら、チョコラBBルーセントCで摂れるビタミンCは600mg。シミを無色化するための主成分がL-システインとビタミンCなので、ここが少ないのは少し頼りなく感じますね。シミの薬に関して知っている人であれば、これはないなと思ってしまうパッケージ表記です。

チョコラBBルーセントC開封したらこんな感じです

img_4808

チョコラBBルーセントCのボトルはガラス瓶ではなく、固いペットボトルのような、樹脂らしき素材でできたボトルです。白いボトルに白い蓋、それにメタリックブルーのラベル。かなり病院のような雰囲気があります。

印象だけで言うと、きっちりと効果がありそうな清潔感のある印象です。光を通しにくいので、薬の保存性も他のボトルより高いのではないでしょうか。

60錠入りボトルはかなり小型です。バッグに入れっぱなしにしておいても邪魔にならないでしょうし、少し大きめのメイクポーチであればすっぽり入ってしまうでしょう。チョコラBBルーセントCで1番大きいのは180錠入りとなり、この3倍の大きさを想定しておいてください。

このサイズ感はなかなか使えます。ピルケースに移し替えるのが面倒な人にとって、旅行中や持ち歩き用のシミ消し薬として活用できそうです。

チョコラBBルーセントCの添付文書について

img_4811 img_4812

チョコラBBルーセントCには薬の説明書が添付文書として1枚同封されています。冒頭に『L-システイン配合ビタミンC主薬製剤』と書かれています。外箱には書かれていなかった表記ですね。

使用上の注意に関しては、以下のような記載があります。

  • 相談すること
  • 1.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
    皮膚:発疹・発赤、かゆみ
    消化器:吐き気・嘔吐、胃部不快感、腹痛
  • 2.服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
    下痢
  • 3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この説明書を持って医師、歯科医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
  • 4.服用後、生理が予定より早くきたり、経血量がやや多くなったりすることがあります。出血が長く続く場合は、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

L-システインとビタミンC以外に、ビタミンEの過剰摂取による副作用も不安視された表記になっています。

L-システイン、ビタミンCは多少摂り過ぎてもすぐに体外に排出されますが、ビタミンEは脂溶性ビタミンであるため体内に蓄積されやすいビタミンです。他のサプリメントなどと併用する時は留意しておいてください。

効果・効能についてはこのように記載されています。

  • 次の症状の緩和: しみ、そばかす、日やけ・かぶれによる色素沈着
  • 次の場合のビタミンCの補給:肉体疲労時、妊娠・授乳期、病中病後の体力低下時、老年期
  • 次の場合の出血予防:歯ぐきからの出血、鼻出血
  • 「ただし、これらの症状について、1ヶ月ほど使用しても改善がみられない場合は、医師、薬剤師又は歯科医師に相談すること。」

しみやそばかすなど、色素沈着を緩和する効果、出血予防の効果が書かれています。にきびなどの肌荒れに関しては書かれていません。効かないということですね。

あらゆる美肌ケアをまとめてしたい人にはあまり向かないシンプルな薬です。

チョコラBBルーセントCを実際に飲んでみました

img_4810

チョコラBBルーセントCの錠剤には『C』と書かれています。面白い錠剤ですね。

チョコラBBルーセントCはフィルムコーティング錠で、匂いは全くありません。口に入れるとすぐにフィルムが溶けてべたっとした感触があります。あまり溶かしてしまうと喉に引っかかりやすくなるので、早めに飲みこみましょう。

見た目は特徴的ですが、薬に関しては特に目立つところもない普通の錠剤です。オブラートが苦手な人は、フィルムが溶ける感じが苦手に感じられるかもしれません。

1回服用分の2錠を飲むと、L-システインが80mg、ビタミンCが200mg、ビタミンB2が5mg、ビタミンB6が約7g、ニコチン酸アミドが約8mg、ビタミンEが約33mg摂取できます。

ビタミンCの量がかなり少ないので、これだけで栄養補給というのは少し無理があるように思います。ビタミンCを多く含有しているシミ飲み薬であれば、1回の服用で300mg以上摂取することができます。

旅先や出先で飲み忘れないようにバッグに入れておくには適しているかもしれません。が、日常的に飲むとなると少々物足りないように感じられます。

チョコラBBルーセントCのまとめ・評価

img_4814

チョコラBBルーセントCのボトルや見た目のデザインは、個人的に好きです。癒される印象がありますし、『薬』と主張するような白いボトルもプラシーボ効果が期待できそうです。

ビタミンEやビタミンB2・B6などあらゆる成分を含有していますし、高機能なお薬のように思えますが、実際には今一つです。というのも、シミにアプローチする役割の大きい肝心なビタミンCの含有量が少ないからです。

シミの飲み薬を選ぶ基準の1つとして、ビタミンCの含有量は重要なポイントです。シミの淡色化は主にビタミンCとL-システインが作用して効果が発揮されます。

その上、ビタミンCは体内のあらゆる臓器で消費されてしまう栄養素。多少摂取したぐらいでは、美容面に効果を及ぼす前に他の臓器の健康のために使い尽くされてしまいます。

「他にサプリメントを飲んで補えばいい」と考える人もいますが、複数のサプリメントを同時に飲むとめんどくさくなってやめてしまがちなこと、コストが高くなってしまうことがデメリットとして考えられます。そのため、管理人としてはシミの飲み薬単体で充分なビタミンCが摂取できることが重要と考えているのです。

そうした考えからおすすめできるシミの飲み薬はミルセリンホワイトです。ミルセリンホワイトはビタミンCが1000mgと高含有なだけでなく、L-システイン、ビタミンE、ビタミンB2にB6と、あらゆる成分が含まれています。

しかもチョコラBBルーセントCより断然安価で、1瓶2,000円で購入できます。着実にシミを消していきたいなら断然ミルセリンホワイトです。

チョコラBBルーセントCはフィルムが溶けるのが早い・・・ということを書きましたが、こうした『飲み心地』で薬を選びたい人もいますね。そういう人にはキミエホワイトプラスです。

キミエホワイトプラスもフィルムコーティング錠ですが、チョコラBBルーセントCのようなべったりと溶ける感じはありません。溶けてもつるっとした感触で飲みこみやすく、飲む錠数も1回1錠でいいのでかなり飲みやすいお薬です。

含有されている成分の種類はチョコラBBルーセントCよりも少なくなりますが、重要なビタミンCの含有量は多くなっています。そのため、シミ消しの効果はキミエホワイトプラスの方が高いでしょう。初回1,900円で購入できますので、試しに1瓶買ってみて飲み心地を体感してみるといいかもしれません。