ハイシーホワイト2はこんなお薬です

ハイシーホワイト2はタケダ製薬が発売しているシミの飲み薬です。有名な製薬会社が発売しているシミ内服薬で、よく考えて作られたお薬です。

しかし、ハイシーホワイト2は他の売れ筋商品の影にいる・・・という印象が強くありませんか?トランシーノホワイトCやハイチオールCシリーズの方がもてはやされていて、ハイシーホワイト2はあまり話題にのぼりません。

話題にのぼることが少ないので、どのようなお薬なのかご存じない方も多いかもしれません。そこで管理人が実際に購入したハイシーホワイト2を見て飲んで「どのような内容のシミ内服薬なのか?」「大きさや箱の中身、味やにおいは?」といった内容をレポートしていきます。

ハイシーホワイト2の商品解説はこちらのページへ
ハイシーホワイト2を徹底調査!効果や副作用、値段についてまとめてみました。

ハイシーホワイト2の商品外観

img_4906

ハイシーホワイト2はこのようなパッケージで販売されています。とてもシンプルなデザインですね。堅実な薬といった印象です。

他のシミ内服薬のパッケージは、キラキラするメタリックカラーや女性らしいピンクカラーでデザインされていることが多くあります。そんな中でこのパッケージは少し目立ちにくく、「きゅんと来る」デザインではありませんね。

たくさんのきらびやかなパッケージと並べられて、商品の内容を知らずに選んでと言われれば、このパッケージは手に取らないだろうと管理人は感じます。もちろん、この堅実さが良いという女性もいるでしょう。

たくさんあるシミ内服薬を選ぶ基準は、知識があれば含有成分はコーティング方法といった機能面で選びます。しかし、知らない人にとって「シミに効く薬」としてどれも同じように見えます。

同じように見えるたくさんの商品の中から選ぶ基準は、やはりパッケージが好みかそうでないか、という要素が大きいのではないかと考えられます。そうした理由から、ハイシーホワイト2はあまり手に取られないのかもしれません。

写真のハイシーホワイト2には60錠入りです。パッケージからして小ぶりですね。

ハイシーホワイト2の外箱記載事項

img_4907 img_4908

ハイシーホワイト2は、外箱に記載されている内容も堅実で丁寧です。横面で配合されている成分について、全て解説しています。

「この成分がこう効く」とその場で理解できれば買いやすいですね。しかし、ハイシーホワイト2は親切過ぎて、ミスをしています。

ビタミンCがしみ・そばかすを緩和する主成分としながら配合量600mg。肌の代謝を助けると書かれているL-システインが160mgの含有量。

この配合量は、どちらもトランシーノホワイトCに負けています。トランシーノホワイトCはドラッグストアではその人気の高さから目立つところに配置されていますから、比較してみると「じゃあトランシーノホワイトCにしよう」と思う人が多数でしょう。

価格が安ければ悩む人もいるかもしれません。が、ハイシーホワイト2とトランシーノホワイトCを比較するとトランシーノホワイトCの方が安価なんです。

外箱の親切で丁寧な記載が他の薬に目移りさせてしまう原因になっていることが予測されるこの状態は、少し悲しいですね。ハイシーホワイト2も決して悪いお薬ではなく、タケダ製薬がオリジナルで開発している質の高いシミ内服薬です。

とは言っても、管理人としてもやはりトランシーノホワイトCを選びますし、推します。更に言えば、トランシーノホワイトCと同じ成分含有量でもっと安価なミルセリンホワイトを推します。

ハイシーホワイト2開封したらこんな感じです

img_4910

ハイシーホワイト2はこんな感じのボトルになっています。白いプラスチックキャップにガラス瓶。これは60錠入りタイプなのでとても小さいです。

この小ささは持ち歩きに向いているかもしれません。ただ、ガラス瓶なので取扱いには気を付けた方が良いでしょう。

ラベルは外箱の正面デザインを流用したデザインになっています。シンプルで堅実な感じが好印象ですね。

ハイシーホワイト2の添付文書について

img_4913 img_4914

ハイシーホワイト2の説明文書は縦長タイプです。最初に来る項目は『特徴』で、ハイシーホワイト2がどのようなお薬なのかが書かれています。

  • しみ・そばかすを緩和する主成分
    メラニンの生成を抑え黒色メラニンの無色化を促進するビタミンC
  • しみ・そばかすの緩和を助ける4つの成分
  • 1.肌の代謝(ターンオーバー)を助けるL-システイン
  • 2.過酸化脂質の生成を抑えメラニンの排出を助けるビタミンE
  • 3.肌細胞の生まれ変わりを助けるパントテン酸カルシウム
  • 4.脂質の代謝を助けるビタミンB2
  • 1日2回、1回2錠(15歳以上)、のみやすく小さい白い錠剤です。
  • シュガーレスです。

ここで初めて、ハイシーホワイト2がシュガーレスであることが明かされます。かといってフィルムコーティングでもありません。

『シュガーレス薄層糖衣錠』という、他のシミ内服薬とは違ったコーティング処理を施しています。「シュガーレス」なのに「糖衣錠」とはこれいかに、と思われるかもしれません。

糖として添加されているのば還元麦芽糖水アメと乳糖水和物。この2つは糖ではありますが、糖質系甘味料に分類される甘味料です。そのため砂糖とは違った物になります。

糖質系甘味料は炭水化物から作られています。なのでカロリーや糖質がゼロというわけではありません。あくまで「砂糖を使用していない」というだけです。

使用上の注意に関しては、以下のような記載があります。

  • 1.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談すること
    関係部位:消化器
    症状:吐き気・嘔吐、腹痛
  • 2.服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続または増強が見られた場合には、服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談すること
    下痢
  • 3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、歯科医師、薬剤師または登録販売者に相談すること

パントテン酸以外、成分の含有量が特別多くないハイシーホワイト2は、使用上の注意は柔らかめですね。しかし、ビタミンEが含有されているにも関わらず、生理への影響に対しての記述がないことが気になりました。

ビタミンEは女性ホルモンの分泌に影響する可能性があるビタミンです。そのため、他のビタミンEを含有しているシミ内服薬では、このような記述がなされていることがほとんどです。

例えばミルセリンホワイトにはハイシーホワイト2同様にビタミンEが50mg含有されていますが、このような記載があります。

    服用後、生理が予定より早くきたり、経血量がやや多くなったりすることがあります。出血が長く続く場合は、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

ミルセリンホワイトのレビューはこちら
もしハイシーホワイト2を飲み始めて生理に変化があったとすれば、ハイシーホワイト2の影響である可能性が高くあります。ハイシーホワイト2の説明文書を持って病院に相談に行くと良いでしょう。

効果・効能についてはこのように記載されています。

  • 1.次の症状の緩和: しみ、そばかす、日やけかぶれによる色素沈着
  • 2.次の場合の出血予防:歯ぐきからの出血、鼻出血
  • 3.次の場合のビタミンCの補給:肉体疲労時、妊娠・授乳期、病中病後の体力低下時、老年期

肌への効果はしみ・そばかすなどの『色素沈着』の緩和のみ記載されています。パントテン酸カルシウムの含有量が多いので肌荒れにも効きそうな気がしますが、記載されていないということは効かないのかもしれません。

ビタミンCの補給効果も書かれていますが、1日摂取量で600mgなので、感じられない人も多いのではないでしょうか。

ハイシーホワイト2を実際に飲んでみました

img_4912

ハイシーホワイト2を飲んだ時、びっくりしました。今まで飲んだことのあるシミ飲み薬の中で一番甘い!

糖衣錠のシミ飲み薬はたくさんありますし、色んな種類の物を飲んできました。その中で飛び抜けて甘いです。

よくよく添加物を見ていると、還元麦芽糖水アメ以外にエリスリトールという甘味料も入っています。『シュガーレス』という言葉の正反対をいくこの甘さに驚く人は多いでしょうね。

ハイシーホワイト2はタケダ製薬が独自に作っている錠剤です。錠剤にも『HICEE』という文字とマークがプリントされています。形状も独特の厚みがある変わった物になっています。

他のシミ内服薬は販売メーカーが違うだけで同じ錠剤、同じボトルを流用している物が多くあります。そんな中、独自の錠剤を開発して発売できるパワーはすごいと感じました。

1回分の2錠で摂取できる成分量はビタミンCが300mg、L-システインが80mg、ビタミンEが25mg、パントテン酸カルシウムが10mg、ビタミンB2 が6gとなります。

1日2回の摂取なので、この2倍が1日の摂取量となります。パントテン酸カルシウムは管理人が見てきたシミ内服薬の中でトップクラスですが、それ以外は普通、もしくは少ないといったバランスです。

パントテン酸カルシウムは肌の代謝を助けてくれる成分で、メラニン色素の定着した角質を肌から追い出してくれる役割があります。肌の代謝が良くなれば、シミだけではなくニキビや肌荒れの改善にも繋がります。

効果・効能に肌荒れに関する記述はありませんから、そうした効果を期待しての物ではないのでしょう。あくまでシミを薄くするために肌のターンオーバーを早めるための配合のようです。

色々と工夫が施されたシミ内服薬ではありますが、肝心なビタミンCとL-システインの含有量の少なさがシミ内服薬としては致命的です。これで効果を体感できる人もいるでしょうが、少ないのではないでしょうか。

ハイシーホワイト2のまとめ・評価

img_4909

ハイシーホワイト2はタケダ製薬が考え抜いて作られた薬であることが、実際に飲んでみるとよくわかりました。シュガーレスでありながらフィルムを使わずにべたつきなく飲みやすくしている点は高く評価できます。

しかし、ビタミンCとL-システインの含有量の少なさと、それを補うだけの成分が配合されていないという点が気になってしまいます。

タケダ製薬もシミを緩和する主成分はビタミンCだとわかっています。そう明記されています。にも関わらずこの含有量の少なさはどうにかならなかったのかな、と感じてしまいます。

しかも価格は結構お高めです。1ヶ月(30日)分の120錠入りでメーカー希望小売価格が3,980円です。ネットでの実売価格も3,000円近くします。

もっとセールをしているショップも探せばあるかもしれません。けれど、この価格設定は内容に見合っていないように感じましたし、わざわざ探してまで買うことはないという評価です。

ハイシーホワイト2と含有成分が似ていて、ハイシーホワイト2よりも含有量が多く、価格が安定して安いシミ内服薬があります。それがミルセリンホワイトです。

ミルセリンホワイトは定期購入を申し込めば、常に1瓶2,000円。この価格で、ビタミンC1,000mg、L-システイン240mg、ビタミンE50mgと充実した内容になっています。

ミルセリンホワイトにはパントテン酸カルシウムは配合されていませんが、その代わりにビタミンB6が配合されています。パントテン酸カルシウムはビタミンB5の摂取するための薬剤の名前。なので、成分のラインナップとして考えると、ほぼ変わりありません。

フィルムコーティングなので飲み心地はハイシーホワイト2と異なります。管理人としてはハイシーホワイト2の強烈な甘さが苦手なので、飲み心地としてもミルセリンホワイトの方が好みです。

更にお気に入りのシミ内服薬はロスミンローヤル。価格は1か月分の物が初回のみ1,900円、それ以降は定期購入を使っての最安値で4,800円。

ハイシーホワイト2やミルセリンホワイトと比較すると高値ですが、高値な分、ものすごく成分が充実しています。

ロスミンローヤルはシミ内服薬として有名で人気がある薬ですが、効果はシミ以外にもあります。小じわなどのアンチエイジング効果、冷え性や肩こりの緩和などの日常的な体調不良の緩和などの効果など、です。

シミだけにアプローチするお薬ではないので、悩みがシミだけの人にとっては無用の長物かもしれません。ただ、シミに悩んでいる多くの方は、それ以外の肌トラブルについても悩んでいるのではないでしょうか。

小じわや体調不良の緩和だけではなく予防にもあるので、4,800円でも納得のいくお値段です。シミの効果はすぐには体感できないかもしれませんが、それ以外の効果は1本で実感できるものもあるでしょう。

シミ以外の美容・健康トラブルを抱えている方は、まずは1本ロスミンローヤルを試してみてください。体調が良くなって肌もキレイになるので、毎日飲み続けるモチベーションも上がります。