ハイチオールCプルミエールはこんなお薬です

ハイチオールCプルミエールはハイチオールCシリーズの中で『小型錠剤』を売りとしているタイプのシミ飲み薬です。ハイチオールCシリーズと同じ成分を含有していますが、少しだけ摂取できる成分量が違います。

ハイチオールCシリーズの中で最も『飲みやすさ』を重視したシミ飲み薬。「どれだけラクに飲みこめるのか?」「大きさや箱の中身、味やにおいは?」など、実際に購入して飲んで、体当たり調査してみました!

ハイチオールCプルミエールの商品解説はこちらのページへ
ハイチオールCプルミエールを徹底調査!効果や副作用、値段についてまとめてみました。

ハイチオールCプルミエールの商品外観

img_4838

ハイチオールCプルミエールは、銀色のパッケージで販売されています。他のハイチオールCシリーズは赤と白のカラーで統一されているので、プルミエールだけ「違う薬」という印象が強いですね。

箱全面がシルバーなので、とにかく目立ちます。高級感があるので、「効きそう」と思う人も多いのでは。実際には他の薬とそこまで大きく値段は変わりません。成分含有量を見ると、他のシミ内服薬よりも少ないぐらいです。

写真のハイチオールCプルミエールは小さめの60錠タイプ。15日分です。半月間がこのサイズで収まるのは嬉しいですね。

ハイチオールCプルミエールの外箱記載事項

img_4839

ハイチオールCプルミエールはデザイン重視のパッケージのようで、どんと大きくキャッチコピーが書いてある他のシミ薬と比較すると洗練された印象があります。

シミにどのようにアプローチするかといった説明に関しても図解なしで、テキストのみのシンプルな物となっています。

「シミ・そばかすの色素沈着症を治します」という記載の下に「L-システイン(アミノ酸)製剤」の文字が。他のシミ内服薬がビタミンC主薬製剤と書かれている物が多い中で、ハイチオールCプルミエールはL-システインが主薬であるようです。

ビタミンCはよく聞かれる栄養素名なので、逆に「そんな平凡な物はシミに効かないんじゃないかと思われるかもしれません。L-システイン製剤と書いた方が効きそうな感じがしますね。けれど実際にはそうではありません。それに関しては後ほど詳細を書きます。

ハイチオールCプルミエール開封したらこんな感じです

img_4855

ハイチオールCプルミエールのボトルは白いプラスチック系の素材でできています。他のシミ飲み薬の多くではガラス瓶が採用されているので、珍しいですね。

60錠タイプであれば、半月分で写真のサイズです。かなり小さく、メイクポーチにも入ってしまいそうですね。プラスチック素材なので多少雑に扱っても割れる心配がありませんから、携帯性としては抜群ですね。

ただし、錠数の多い物となれば当然写真のボトルよりもサイズが大きくなります。小さなボトルが欲しい場合は60錠タイプを購入しましょう。旅行用や携帯用にはかなり便利に使えそうですね。

ラベルは外箱と同じメタリックなシルバーカラーにレッドのラインが入っています。シンプルでスタイリッシュな印象が強いですね。

ハイチオールCプルミエールの添付文書について

img_4844 img_4845

ハイチオールCプルミエールには薬の取り扱い説明書が1枚、入っています。冒頭にはハイチオールCプルミエールがどのようにしてシミを緩和してくれるのかといった仕組みに関する説明が簡単に書かれています。

『L-システイン製剤』や、『L-システインがビタミンCとともに、内側からシミのもと(過剰にできるメラニン)の生成をおさえ、シミを治療します。』という記述があります。L-システインがメインであるシミ内服薬だということがわかりますね、

使用上の注意に関しては、以下のような記載があります。

  • 相談すること
  • 1.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
    皮膚:発疹
    消化器:吐き気・嘔吐、腹痛
  • 2.服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
    下痢
  • 3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この説明書を持って医師、歯科医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

ハイチオールCプルミエールは、他のハイチオールCシリーズ同様、L-システインとビタミンC、パントテン酸カルシウムのシミ内服薬の王道三大成分が含有されています。配合されている成分の種類は悪くありません。

L-システインはシミ内服薬国内最大含有量なので少なくはありません。しかし、それ以外の2つ、ビタミンCとパントテン酸カルシウムは多いとは言えない量です。

L-システインが苦手ではない限り、めったに副作用は起こらないでしょう。ただし、絶対に起こらないわけではないので、何か異変を感じたら病院に相談に行きましょう。

効果・効能についてはこのように記載されています。

  • しみ、そばかす、日やけ・かぶれによる色素沈着
  • 全身倦怠
  • 二日酔
  • にきび、湿疹、じんましん、かぶれ、くすりまけ

にきびや湿疹といった肌荒れへの効果が記載されているのは、パントテン酸カルシウムのおかげです。ビタミンCは他のシミ内服薬と比較して含有量が少なく、『ビタミンCの補給による効果・効能』は記載されていません。ビタミン剤代わりには使えません。

「しみ、そばかす、日やけ・かぶれによる色素沈着」が効果として挙げられていますが、現在あるシミを薄くする効果が強いのはビタミンCです。そのビタミンCの含有量が少ないので、頼りない印象がぬぐえません。

シミ内服薬には『L-システイン製剤』と『ビタミンC主薬製剤』があります。L-システイン製剤と記載されている方は、L-システインが多く含有されてはいるけれどビタミンCが少ないといったパターンがほとんどです。

もう1つの『ビタミンC主薬製剤』の場合、ビタミンC含有量が多い上に、L-システインも240mg含有されているということも少なくありません。シミ飲み薬を選ぶ時は、『ビタミンC主薬製剤』と書かれている物の方が成分が豪華な場合が多くあります。

ハイチオールCプルミエールを実際に飲んでみました

img_4843

ハイチオールCプルミエールの錠剤は糖衣錠です。1回2錠で、朝・晩2回の服用です。『小型錠剤』が売りのハイチオールCプルミエールですが、実際に錠剤を見てみるとそんなに小粒ではないな・・・というのが正直な感想です。

ハイチオールCホワイティアと比べてみましたが、ほぼ大きさは変わりません。商品のアピールポイントとして『小型錠剤』と書かれている上に、ハイチオールCホワイティアよりもビタミンC含有量が少なめ。もっと小粒な錠剤を期待したのですが、裏切られた気持ちです。

飲み心地が少しは変わるかな?と実際に飲んでみたところ・・・正直、変わりません。普通の糖衣錠です。これを2錠飲むのですから、他のシミ飲み薬とあまり変わりない飲み心地に思えます。

img_4916
『ホワイティア』との錠剤サイズ比較

1回服用分の2錠を飲むと、L-システインが120mg、ビタミンCが150mg、パントテン酸カルシウム(ビタミンB5)が12mg摂取できます。

240mgのL-システインを朝と晩の2回で摂取するので、1回分の摂取量が多くなってしまいます。L-システインは肝臓に作用する成分で、まれにL-システインを飲んで気分が悪くなる人がいます。

そうしたことを考えると、朝晩の2回服用は多少のリスクを伴うように感じられますね。もし気分が悪くなったら服用を中止してください。

ハイチオールCプルミエールのまとめ・評価

img_4840

ハイチオールCプルミエールは、正直な感想として、評価できるところがありません。というのも、『小型錠剤』を売りとしているのに他の錠剤とほぼ同じサイズで、成分含有量だけ少なめ。

朝と晩の2回の服用でOKという手軽さに惹かれる女性はいるかもしれません。しかし、それであれば他のハイチオールCシリーズの方が良いでしょう。

しかも糖衣錠なので、微量ではありますが毎日白糖を摂取することになります。白糖は美容、健康ともにあまり良いものではありません。また、糖質制限をしている人にとってもネックになるのではないでしょうか。

何よりもこのビタミンC含有量はシミ飲み薬として致命的です。ビタミンCは少し摂取したところで美容のために利用されません。体のあらゆる臓器で消費され、健康のために使われてしまいます。

ビタミンCはシミの淡色化のために重要な成分です。そしてシミの淡色化にまでビタミンCを利用するためには、それなりの量を摂取しなければいけません。300mgでは足りない人がほとんどでしょう。

ビタミンCだけのサプリメントを追加で購入するという手段もありますが、飲みやすさを求めて買ったはずのハイチオールCプルミエールで、何錠もサプリメントを飲まなければいけないのは本末転倒です。また、コストも多く掛かります。

コスト面、継続性、シミへの効果を考えると、1瓶で成分が充実していて価格がリーズナブルな物がいいでしょう。継続するのが苦手な人は、定期購入コースがあるシミ飲み薬がいいですね。勝手にシミ飲み薬を届けてくれるので、自然と継続することができます。

こうしたあらゆるポイントをクリアしているシミ飲み薬がミルセリンホワイトです。ミルセリンホワイトにはビタミンCが1000mg、L-システインが240mgの他、ビタミンE、ビタミンB2、B6が含有されています。

そのため、シミだけではなく肌荒れにも効果があります。ビタミンEは若返りビタミンと呼ばれているほど美容に良い成分なので、飲んでおいて損はありません。

ミルセリンホワイトは、定期購入すると1瓶2,000円で購入することができます。わざわざ買いに行く手間を省いてくれる上にこの価格はかなり安価ですね。

薬を継続するためには、飲みやすさも大事です。錠剤を飲みこむのが苦手な人にとっては、ここが最重要ポイントですよね。そのためにハイチオールCプルミエールを選んだのにがっかりしてしまった・・・という人は、多いのではないでしょうか。

飲みやすさ重視の人にはハイチオールCプルミエールよりもキミエホワイトプラスの方がいいでしょう。キミエホワイトプラスは1日3回の服用が必要になりますが、1回1錠でOKなんです。

フィルムコーティング錠で、粒の大きさもハイチオールCプルミエールとそこまで変わりません。

キミエホワイトプラスは初回1,900円で購入できます。一度その飲みやすさを体験してみてください。1回1錠でいいというのはかなり飲みやすく継続に繋がります。