ハイチオールCホワイティアの詳細・口コミ情報

ハイチオールCホワイティア商品画像美容薬の有名ブランド、ハイチオールCシリーズ

その中でも美白を意識する人に選ばれているのがハイチオールCホワイティアです。

ハイチオールCホワイティアはハイチオールCシリーズの中最も美容を意識して作られた薬です。

パッと見た感じではハイチオールCプラス、ハイチオールCプルミエールと成分自体はほとんど違わないように見えますね。

一体ハイチオールCホワイティアは他のハイチオールCシリーズとどのように違うのでしょうか?

ハイチオールCホワイティアの成分や値段などをチェックしました。

ハイチオールCホワイティアの特徴

ハイチオールCホワイティア説明ハイチオールCホワイティアの元になった元祖ハイチオールは1970年代には登場しています。

L-システインは肝臓を解毒する作用があるので、二日酔いの薬として販売されていました。

販売した後で、L-システインにシミの原因であるメラニン生成を抑える効果、肌の新陳代謝を活発化する効果があることがわかりました

それから美容薬として販売されるようになっていったのです。

ハイチオールCシリーズは基本的にはどれも効果は同じですが、飲む回数や薬のコーティング方法が異なります。

ハイチオールCホワイティアは1日に飲む回数が2回と少なく、フィルムコーティング錠になっているのが特徴です。

ハイチオールCホワイティアの成分

4錠中
L-システイン 240mg
アスコルビン酸 500mg
パントテン酸カルシウム 30mg

ハイチオールCホワイティアはL-システインとビタミンC、パントテン酸カルシウムの3つの成分で構成されています。シミ消し薬の基本成分で構成されている、シミ消し薬のお手本のようなお薬です。

L-システイン

肝臓を解毒する作用があるとして使われていたL-システインですが、それだけではなくメラニンの生成を抑制する効果、肌のターンオーバーを活性化する効果が期待できます。ハイチオールCホワイティアにはこのL-システインが240mgが配合されています。

アスコルビン酸

ハイチオールCプラスでは安価なアスコルビン酸カルシウムが利用されていますが、ハイチオールCホワイティアでは純粋なビタミンC原末であるアスコルビン酸が利用されています。

アスコルビン酸カルシウムの場合は100%がビタミンCではないのでその分摂取できるビタミンCの量が少なくなります。そのため、美白目的で摂取するのであれば、100%ビタミンCであるアスコルビン酸の方が効率よくビタミンCを取り入れることができます。

ビタミンCには肌のターンオーバーを活性化して肌を白くする効果が期待できます。別名・美白ビタミンと言われているほど、ビタミンCは美容効果が期待されています。

パントテン酸カルシウム

ビタミンB5を摂取するための薬であるパントテン酸カルシウムは、肌のターンオーバーを正常化する効果があります。痛んだ肌を回復するサポートしてくれるんですね。シミへの効果というよりも、肌荒れに効果があります。

ビタミンB5はビタミンB群に含まれます。ビタミンB群は補酵素として酵素の働き補助を役割を担ってくれます。酵素サプリメントで酵素を摂取することがブームになったことがありますが、植物などの酵素を別で摂取するよりも体内の酵素を活性化した方が美容・健康効果があると言われています。

その他の添加物

薬効を期待した成分は上記の3つになりますが、それ以外にも添加物として以下の物が含まれています。

無水ケイ酸、セルロース、乳酸Ca、ヒプロメロース、ヒドロキシプロピルセルロース、マクロゴール、ステアリン酸Ca、タルク、酸化チタン、トウモロコシデンプン、酒石酸、ジメチルポリシロキサン、二酸化ケイ素、ポリビニルアルコール・アクリル酸・メタクリル酸メチル共重合体

副作用の心配がある添加物は特にありません。安心して服用してください。

ハイチオールCシリーズで唯一のフィルムコーティング錠

ハイチオールCシリーズの中で唯一、フィルムコーティング錠方式が採用されているハイチオールCホワイティア。そのため、白糖が添加物に含まれていません。美容を意識する人にとって、これは着目すべきポイントではないでしょうか。

成分についての評価

ハイチオールCホワイティア評価L-システイン、ビタミンC、ビタミンB5とハイチオールCシリーズおなじみの成分配合です。

フィルムコーティング錠になっているという点、1日に飲む回数が2回でOKという点は評価できますが、成分に関しては評価できる部分が少ないというのが事実です。

ハイチオールCシリーズの中ではハイチオールCホワイティアが一番良いと思いますが、多種多様なシミ消し薬が販売されている中で、際立ってハイチオールCホワイティアを選ぶ理由があるような成分構成とは思えません。

ハイチオールCホワイティアの効果・効能

  • しみ・そばかす・日やけなどの色素沈着症
  • 全身倦怠
  • 二日酔
  • にきび、湿疹、じんましん、かぶれ、くすりまけ

L-システインによるしみやそばかすなどの色素沈着や二日酔いへの効果が明記されています。全身倦怠はL-システインによる効果ではありますが、ビタミンCによる栄養補給による影響も大きいですね。

にきびや湿疹、じんましんといった肌荒れへの効果はパントテン酸カルシウムの効果ですね。パントテン酸カルシウムが配合されている美白薬の良い点は、こうした肌荒れにも効果があるというところですね。

ハイチオールCホワイティアの副作用・使用上の注意事項

  • [相談すること]
  • 1. 服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
    皮膚:発疹
    消化器:吐き気・嘔吐、腹痛
  • 2. 服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
    下痢
  • 3. しばらく服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください

使用上の注意事項としてこのように記載されています。とは言っても、どの成分も食品から摂取できるような栄養素ばかりですので、アレルギーや過剰摂取に注意をすれば副作用を発症することはめったにありません。ハイチオールCホワイティア以外にサプリメントを併用している場合は過剰摂取に注意してください。

ハイチオールCホワイティアの価格・購入方法

ハイチオールCホワイティアの価格

180錠入り(1か月分):定価4,500円
1日あたりの価格:約150円

ハイチオールCホワイティアの購入方法

入手先:ドラッグストア、楽天やAmazonなどの通販サイト

ハイチオールCホワイティアはドラッグストアや大手通販サイトなどで購入することができます。ハイチオールCシリーズはとても有名で人気があるので、あらゆるストアで取扱いがあります。

定価は4,500円ですが、セールで定価以下で販売しているところは多くあります。継続して飲むことを考えて、安価で買えるショップを探してから購入しましょう。

ハイチオールCホワイティア通販サイト(Amazon)はこちら

 

当サイト管理人の評価

オススメ度:★☆☆
ハイチオールCホワイティアは人気のある薬ではありますが、あらゆるシミ消し薬を見てきた管理人からのオススメ度は★1つです。ハイチオールCというブランドに安心感はありますが、価格と含有されている成分内容が釣り合っていません。

シミ消しに必要な最低限の成分しか配合されていません。本当に二日酔い薬から一歩出たといった感じの成分構成です。唯一、1日2回、朝晩だけ飲めばOKというところは評価できます。昼間は服用を忘れてしまう人が多いですから、そういった意味で使いやすい薬かもしれません。

ハイチオールCホワイティアよりもミルセリンホワイトの方が断然オススメです。価格は最安値1瓶2,000円と安価な上に、美容成分がしっかりたっぷりと含有されています。ハイチオールCホワイティアよりも美白・美肌効果を体感できます。

更にハイチオールCホワイティアの定価とほぼ変わらない値段で買えるロスミンローヤルは女性のあらゆる美容・健康面をサポートしてくれる万能薬です。シミだけでなくシワや冷え性といった女性のあらゆる悩みを解決してくれます。冷え性から肌荒れになっている女性も多いので、ただシミを消すだけでなく根本的なところから美を目指すことができます。

シミ対策の薬はこのページで紹介している薬だけではありません。多種多様な物は販売されています。人気のシミを消す薬ランキングで詳しく紹介していますので、比較してみてください。
ミルセリンホワイトの紹介はこちら
ロスミンローヤルの紹介はこちら
シミを消す薬の人気ランキングはこちら