ハイチオールCホワイティアはこんなお薬です

ハイチオールCホワイティアはハイチオールCシリーズの中で最も美容を意識して作られたシミ飲み薬です。ハイチオールCシリーズはどれを選んでもシミを薄くする効果があります。

その中でも『ホワイティア』と名付けられているハイチオールCホワイティア。白い肌を目指す人が手に取ってしまいそうな名前をしていますね。

しかし、効果・効能を見る限りではハイチオールCシリーズはどれも同じ。「一体、他のハイチオールCシリーズとどう違うのか?」「大きさや箱の中身、味やにおいは?」など、実際に購入して調査してみました!

ハイチオールCホワイティアの商品解説はこちらのページへ
ハイチオールCホワイティアを徹底調査!効果や副作用、値段についてまとめてみました。

ハイチオールCホワイティアの商品外観

img_4832

ハイチオールCホワイティアは、ハイチオールCシリーズの中で1番外箱が赤いパッケージをしています。

赤と白はハイチオールCシリーズのイメージカラーのようになっていますね。ハイチオールCプラスは赤と白が半々で、ハイチオールCホワイティアは9割が赤色といったデザインの外観になっています。

シルバーとゴールドのメタリックカラーのラインが印象的なデザイン。個人的な感想としては「美肌になれそう」というよりも、「元気になれそう」といった印象がありました。

写真は40錠入りで、10日分になります。お試ししてみたい、旅行に持って行きたいといった場面で使いやすいサイズではないでしょうか。

ハイチオールCホワイティアの外箱記載事項

img_4833

「シミ、そばかすに」「1日2回で内側から効く」というキャッチコピーが書かれています。そしてその下には「代謝を助けるL-システイン240mg配合」とも記載されていますね。

元祖ハイチオールからハイチオールCシリーズは『L-システインのお薬』。L-システインがメインのお薬なんです。

他のシミ飲み薬は『ビタミンC主薬製剤』としている物がほとんどです。外箱にそう記載している薬も少なくありません。

ハイチオールCホワイティアもビタミンCを配合してはいるものの、ビタミンCではなくL-システインを主薬として考えて作られています。

元祖が作ったイメージを貫く、という意味では、とても素晴らしい姿勢のお薬だと感じられます。

ハイチオールCホワイティア開封したらこんな感じです

img_4856

ハイチオールCホワイティアのボトルは、ガラス瓶に白いプラスチック蓋となっています。蓋は真っ白という色合いではなく、少しパール感のあるキレイな蓋です。これだけでチープ感が緩和されるのが少しフシギですね。

ラベルにはあまりこだわっていないようで、外箱のデザインをそのままラベルにしたといった様子。メタリックカラーは付いておらず、目立ったところはあまりありません。

今回は40錠入りの物を購入しましたので、瓶がこれだけ小さくなっています。1番大きなサイズで120錠入り、1ヶ月分ボトルの販売がされています。

120錠入りとなるとこのボトルより二回り大きくなることを想定しておいてください。40錠のボトルはとても小さくて携帯しやすいですが、120錠入りだと持ち歩くと邪魔になりそうです。

ハイチオールCホワイティアの添付文書について

img_4835 img_4836

ハイチオールCホワイティアには薬の取り扱い説明書が1枚同梱されています。説明書を開いてすぐに目に入る冒頭の部分に『L-システイン製剤 代謝を助けるアミノ酸”L-システイン”配合』といった記載があります。

更にその下部にはこのような記載が。

    ハイチオールCホワイティアは、体の代謝を助けるアミノ酸“L-システイン”が体の内側から細胞に働きかけ、シミ・そばかすを治療する医薬品です。

ハイチオールCホワイティアはL-システインがメインのお薬だということがよくわかりますね。

使用上の注意に関しては、以下のような記載があります。

  • 相談すること
  • 1.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
    皮膚:発疹
    消化器:吐き気・嘔吐、腹痛
  • 2.服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
    下痢
  • 3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この説明書を持って医師、歯科医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

ハイチオールCホワイティアはL-システインとビタミンC、パントテン酸カルシウムといったシミ飲み薬の王道三大成分で構成されています。L-システイン以外は普通に食事をしていて摂取する栄養素です。

その上、過剰摂取になるほどの量は含有されていませんので、副作用に関しては特に心配することはないでしょう。他のサプリメントなどと併用する際は留意してください。もちろん、ハイチオールCホワイティアだけでも起こり得る副作用ですので、「飲み始めてから具合が悪いな」と感じたらすぐに病院に相談に行きましょう。

効果・効能についてはこのように記載されています。

  • しみ、そばかす、日やけ・かぶれによる色素沈着
  • 全身倦怠
  • 二日酔
  • にきび、湿疹、じんましん、かぶれ、くすりまけ

パントテン酸が含有されているので、にきびや湿疹といった肌荒れにも効果があるようです。しかし、ビタミンCの含有量が少ないので、他のシミ飲み薬でよく見かける『ビタミンCの補給による効果・効能』は特に言及されていません。

もともと二日酔いのお薬だったハイチオール。ハイチオールCホワイティアになってもそこの記載はしっかりとされています。美容ついでに二日酔い解消アイテムとして利用している女性はとても多そうですね。

ハイチオールCホワイティアを実際に飲んでみました

img_4837

ハイチオールCホワイティアの錠剤はフィルムコーティング錠です。1回2錠で、朝と晩の2回の服用となっています。

錠剤を口に入れると、さらっとしたタイプのフィルムコーティング錠の溶け方をしました。フィルムコーティング錠の中にはべたつきが強い物もあります。なので飲みやすいと感じました。

1回服用分の2錠を飲むと、L-システインが120mg、ビタミンCが250mg、パントテン酸カルシウム(ビタミンB5)が15mg摂取できます。

一度に摂取するL-システインの量が多いのが少し気になりますね。L-システインが肝臓に作用する成分ですが、これで気分が悪くなる人もいます。もし気分が悪くなったら服用を中止してくださいね。

ビタミンCやパントテン酸カルシウムの摂取量は逆に少ないですね。確かにL-システインは新しいシミを作らせないように働いてくれますが、今あるシミを淡色化するのはビタミンCの働きです。

そう考えると、現在あるシミを何とかしたいという人には物足りなく感じられるのではないでしょうか。

ハイチオールCホワイティアのまとめ・評価

img_4834

ハイチオールCホワイティアは有名な美容薬ブランドのシミ飲み薬ですが、個人的にはあまり好きではありません。飲み心地も悪くありませんし、価格も高いわけでもありません。

しかし、何と言っても成分含有量が少ないという点がとても気になります。「キレイなお肌の維持」にはいいのかもしれませんが、シミを消したいと考えている人にとっては効果が体感しにくいお薬と言えるのではないでしょうか。

L-システインはシミを新しく作らせないようにする働きが主な成分で、淡色化についてはビタミンCの方が効果的です。ビタミンCが含有されていないわけではないので全く効果がないとは断言しません。

ビタミンCは少しばかり摂っても、健康のために体の他の部分で消費されてしまいます。シミの淡色化にビタミンCを利用したいのであれば、相当な量のビタミンC摂取が必要となります。そのため、ハイチオールCホワイティアの500mgでは物足りないと感じる人が多数ではないでしょうか。

ビタミンCのサプリメントは多種多様な物が販売されていますから、「ではビタミンCだけのサプリメントを別で摂取すれば…」と考える人もいるかもしれません。しかし、この手段を取ると、コストが高くなってしまうこと、複数の錠剤を摂取しなければならないため、面倒になって飲むのをやめてしまう人が多いという懸念があります。

シミ飲み薬に限らず、第三類医薬品の効果を体感したいのであれば、何よりも継続して飲むことが大事です。めんどくさくなってやめた、コストが高いからやめた、では意味を成しません。

そういった理由から、バランス良くシミを薄くする成分が含有されていて、コストが安い薬を管理人はおすすめします。1番は何と言ってもミルセリンホワイトですね。

ミルセリンホワイトはビタミンCはハイチオールCホワイティア同様、L-システインが240mg配合されています。その上、ビタミンC1000mgの他、ビタミンE、ビタミンB2にB6を含有しています。シミだけでなく、あらゆる肌荒れに効果的です。

シミを消すための飲み薬がこれ1本で済むのに、1瓶2,000円です。これはかなり良いコストパフォーマンスですね。

副作用が心配なので成分の含有量はこれでちょうどいいという人には、ハイチオールCホワイティアと同じ成分含有量のキミエホワイトプラスの飲み心地も一度体感していただきたいですね。

ハイチオールCホワイティアは1回2錠飲まなければいけません。それに対してキミエホワイトプラスは1回1錠でOKです。1日3回飲む必要はありますが、粒を数えなくていいこと、飲みやすいことから、薬の飲み心地を重視する人から人気のあるシミ飲み薬です。

キミエホワイトプラスは初回のみ1,900円で購入できますから、1瓶購入して飲み心地を体感してみてください。ハイチオールCホワイティアと飲み比べをしてみて、どちらか好きな方を選ぶと自分に合ったシミ飲み薬を見つけることができるかもしれません。