ハクビCホワイトの詳細・口コミ情報

ハクビCホワイト商品画像ハクビCホワイトは佐藤製薬が販売しているシミ消し薬です。

ネット上では、ハクビCホワイト、ハクビホワイトCと2つの名称で呼ばれていますが、この2つは同じ物です。

大手メーカーが販売している薬なので、一般流通してドラッグストアでも取り扱われている商品です。

パッケージが小さいので目立ちにくくはありますが、ドラッグストアで見かけたことがあるという人もいるかもしれませんね。

そんなハクビCホワイトは、一体どのような成分構成になっているのでしょうか?

ハクビCホワイトの成分や値段などをチェックしました。

ハクビCホワイトの特徴

ハクビCホワイト説明

ハクビCホワイトは佐藤製薬が販売しているというところが最大の特徴です。

象のマスコットキャラクターが横についている「sato」というロゴを目にしたことがある人はとても多いのではないでしょうか。

ユンケル内服液や風邪薬のストナシリーズなどを販売している会社です。

そのような大手メーカーが販売している薬となると、安心感がありますね。

目立った効果・効能や珍しい成分はありませんが、それだけで選ぶ理由になるという人もいるのではないでしょうか。

ハクビCホワイトの成分

6錠中
L-システイン240mg
アスコルビン酸(ビタミンC)600mg
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)6mg
パントテン酸カルシウム24mg

シミ消し薬の基本成分を抑えた安心感のある構成をしていますね。飛び抜けて多く配合されている成分がないため、良く言えば副作用が表れにくい作りになっています。逆に言うとガツンとした効果が見込めません。薬というよりもサプリメントにより近い構成と言えるでしょう。

L-システイン

こちらもシミ消し薬の基本構成成分の1つであるL-システイン。もはやL-システインが含有されていないシミ消し薬を探す方が難しいと言えるほど、どのシミ消し薬にもL-システインが含有されています。ハクビCホワイトには国内最大含有量の240mg含有されています。

L-システインは皮膚の新陳代謝を活発化し、メラニンの排泄を促進する効果があります。ビタミンCの薄くする効果とL-システインの追い出す効果でどんどんシミを薄くしよう!という考え方ですね。

アスコルビン酸

ハクビCホワイトにはアスコルビン酸というビタミンCの原末が含入されています。アスコルビン酸でビタミンCを添加するのはシミ消し薬の基本構成。

ビタミンCには黒色のメラニンを淡色化する効果があります。ハクビCホワイトの1回服用分には600mg含まれています。1000mg含有のシミ消し薬があることを考えると、多いとは言えない量ですね。

ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)

ピリドキシン塩酸塩はビタミンB6を摂取するための薬です。ビタミンB6は水溶性ビタミンの1つで、ビタミンB群は酵素の働きを助ける補酵素の働きをする栄養素です。水溶性であるため、体に留めておくことができません。毎日摂取する必要があります。

皮膚や粘膜の健康維持効果があります。シミに直接影響を与えるわけではありませんが、キレイな肌を保つためには有効な成分と言えるでしょう。

パントテン酸カルシウム

パントテン酸カルシウムはビタミンB2を摂取するためのお薬です。栄養素としてはビタミンB群に当たります。ビタミンB6同様ビタミンB群なので、補酵素として働き、酵素を助けてくれる効果ももちろんあります。

肌や髪の健康を保つ効果があります。こちらもシミに直接影響があるわけではありませんが、紫外線で傷んだ肌や髪を健やかにしてくれるのは嬉しい効果ですね。

その他の添加物

ハクビCホワイトでは、薬効を期待した成分は上記の4つになります。それ以外、以下の添加物が含まれています。

ヒドロキシプロピルセルロース、セルロース、乳酸Ca、カルナウバロウ、タルク、ステアリン酸Mg、ヒプロメロース、マクロゴール、還元麦芽糖水アメ、炭酸Ca、アラビアゴム、酸化チタン、ポビドン、ジメチルポリシロキサン、二酸化ケイ素

特に副作用の心配があるものはないので安心して服用してください。

成分についての評価

シミ消し薬として基本的な成分を押さえてはいるものの、特に目立った物は見られません。含有量も価格から考えると少な目に感じられます。パントテン酸カルシウムが入っているのでシミ以外の肌荒れへの効果が期待できるのはいいことかもしれませんが、シミ消し薬を飲む目的はシミを消すことですから、そちらの成分に特化してほしかったという評価です。

ハクビCホワイトの効果・効能

  • 次の諸症状の緩和:しみ、そばかす、日やけかぶれによる色素沈着。
  • 次の場合の出血予防:歯ぐきからの出血、鼻出血。
  • 次の場合のビタミンCの補給:肉体疲労時、妊娠授乳期、病中病後の体力低下時、老年期

主にL-システインとビタミンCによる美容・健康効果が表記されています。

しみ・そばかす・日焼けかぶれによる色素沈着といったシミ消し薬の中では定番の効果・効能ですね。

その他、ビタミンCが600mg摂取できることから、ビタミンCによる健康効果も効能として記されています。

毎日の栄養サプリメントとしてもちょうどいい量かもしれません。

ハクビCホワイトの副作用・使用上の注意事項

商品販売ページには、以下の記載があります。

  • 相談すること
  • 1.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください
    皮膚:発疹
    消化器:吐き気・嘔吐、腹痛
  • 2.服用後、次の症状があらわれることがありますので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください
    下痢
  • 3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください

ハクビCホワイトの価格・購入方法

ハクビCホワイトの価格

180錠入り(1か月分):定価4,752円
1日あたりの価格:約158円

ハクビCホワイトの購入方法

入手先:ドラッグストア、楽天やAmazonなどの通販サイト

ハクビCホワイトは、ドラッグストアや楽天、Amazonといった通販サイトで手に入れることができます。逆に公式販売サイトが存在せず、定期購入などを設定することはできません。

定価は4,752円ですが、それよりも安価で販売されているサイトもあります。購入する度に検索をかけてみて、その時最安値で販売されているサイトから購入すれば、継続しやすいのではないでしょうか。

ハクビCホワイト通販サイト(Amazon)はこちら

 

当サイト管理人の評価

オススメ度:★☆☆
ハクビCホワイトのオススメ度は、★1です。悪い薬ではありませんが、あまり積極的におすすめできるシミ消し薬ではありません。

というのも、基本成分を抑えてはいるものの特化して何かすごい成分が含有されているということはなく、含有量も一般的。その上、価格がそこまで安くありません。この価格であれば、もっと他に安いシミ消し薬はたくさんあります。

例えばミルセリンホワイト。ハクビCホワイトよりも成分の含有量が多く、その上値段も安く設定されています。まとめ買いすると1本2,000円です。かなりお得な価格設定ですね。

また、シミ以外のアンチエイジングを考えているのであればロスミンローヤルがおすすめできます。シミ消し薬の中で唯一、シミ以外にも、小じわや冷え性といった美容・健康全般のアンチエイジングができる薬です。単体でハクビCホワイトよりも値段は高くありますが、納得できるだけの成分含有量です。わざわざ他を買い足すつもりであれば、1本で済ませた方がお得で手軽です。

シミを消す薬はこれだけではなく、他にも色んな商品があります。そちらは人気のシミを消す薬ランキングで詳しく紹介しています。
ミルセリンホワイトの紹介はこちら
ロスミンローヤルの紹介はこちら
シミを消す薬の人気ランキングはこちら