ハクビCホワイトはこんなお薬です

ハクビCホワイトは佐藤製薬が販売しているシミのお薬です。佐藤製薬はユンケル内服液や風邪薬のストナシリーズで有名な製薬会社。そのブランド名に安心して購入する人も多いかもしれません。

他のシミ飲み薬と比較して少々お高めな価格設定のハクビCホワイト、「それだけの価値があるシミ薬なの?」「大きさや箱の中身、味やにおいは?」といった詳しい情報を、実際に商品を購入して管理人が調査いたしました!

ハクビCホワイトの商品解説はこちらのページへ
ハクビCホワイトを徹底調査!効果や副作用、値段についてまとめてみました。

ハクビCホワイトの商品外観

img_4795

ツヤツヤとしたメタリックブルーが鮮やかなパッケージ。よく見ると薄らと白いマーブル模様が入っていて、青空のようにも見えます。箱全体がメタリックカラーなので、シンプルなデザインでありながらかなり目立ちます。

写真は90錠入りの瓶です。手にすっぽりと収まるサイズで持ち歩きやすいサイズ感。持ち歩くのであれば90錠入りの方がいいかもしれません。1番大きなサイズの物は180錠入りになります。

ハクビCホワイトの外箱記載事項

img_4797

「ビタミンCの補給に しみ・そばかすの緩和に」と大きく書かれています。他のシミ飲み薬によくある「ビタミンC主薬製剤」の表記はありません。中の説明文書には「ビタミンC製剤」と書かれています。

ハクビCホワイトのビタミンC含有量は600mgと少なめです。表にどんと「L-システイン240mg ビタミンC 600mg」という表記があるのにビタミンCが実は少なめだなんて、少しがっかりですね。

外箱には記載されていませんが、錠剤は糖衣錠です。添加物の欄に『白糖』の表記がないので糖衣錠ではないと思われてしまうかもしれませんが、よくよく読んでいくと『還元麦芽糖水アメ』と記載されています。ハクビCホワイトは水アメを使った糖衣錠なのです。

ハクビCホワイト開封したらこんな感じです

img_4798

ハクビCホワイトの瓶はこんな感じです。写真ではわかりにくいかもしれませんが、ラベルはパッケージ同様、メタリックカラーの青空風です。

瓶の蓋もただの白いプラスチックではなく、イミテーションのパールのようなつやを持っています。洗練されたデザインとは言いませんが、とてもキレイな見た目ですね。

90錠サイズの瓶は小型なので、常にバッグに入れっぱなしにしておいても邪魔にならないサイズ感です。しかし、1番大きな180錠入りの物となるとこれより一回りは大きくなりますので、持ち歩きには適さないかもしれません。

持ち歩きたい・常にバッグの中に入れておきたい人は90錠入りの物を買うか、ピルケースに移し替えるかした方が良さそうですね。

ハクビCホワイトの添付文書について

img_4802 img_4803

ハクビCホワイトには1枚添付文書が付いてきます。薬の説明書ですね。他の薬と比較して一回り小さく、書いていることも少なめです。全体的に含有成分が少ないので、副作用の心配も少ないのかもしれません。

使用上の注意に関しては、以下のような記載があります。

  • 相談すること
  • 1.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください
    皮膚:発疹
    消化器:吐き気・嘔吐、腹痛
  • 2.服用後、次の症状があらわれることがありますので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください
    下痢
  • 3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください

L-システインとビタミンCの過剰摂取によって表れる副作用が主に心配されています。L-システインは240mgでも気分が悪くなるという方はいらっしゃいます。他のシミ飲み薬とと同程度の含有量だからと安心して副作用を見過ごさないようにしましょう。

効果・効能についてはこのように記載されています。

  • 次の症状の緩和: しみ、そばかす、日やけ・かぶれによる色素沈着
  • 次の場合の出血予防:歯ぐきからの出血、鼻出血
    「ただし、これらの症状について、1ヶ月ほど使用しても改善がみられない場合は、医師、薬剤師又は歯科医師に相談すること。」
  • 次の場合のビタミンCの補給:肉体疲労時、妊娠・授乳期、病中病後の体力低下時、老年期

ビタミンCの含有量が少ないせいか、にきびなどの効果に対しては言及がありません。シミだけでなく、にきびなどの肌荒れも改善したい人には向かないお薬です。

ハクビCホワイトを実際に飲んでみました

img_4800

ハクビCホワイトは糖衣錠です。なので、口に入れるとすぐに甘い味がします。しっかりと薬が糖で包まれており、少しの間、飴のように舐めても中の薬は出てきませんでした。

匂いは全くありません。これは糖衣錠の大きな特徴ですね。強い匂いのする薬でも糖衣錠になってしまえば何の匂いもしません。

これといった特徴もない普通のお薬です。薬の匂いや味が苦手な人にとっては飲みやすいお薬と言えるでしょう。

1回2錠を飲むと、メインのL-システインが80mg、ビタミンCが約200mg。ビタミンB6が2g、パントテン酸カルシウムが8mg摂取できます。

一回の服用でそれなりに栄養補給をすることができます。が、他のシミ飲み薬と比較すると少々少ないように感じますね。これで定価4,752円は、高いという印象です。

ハクビCホワイトのまとめ・評価

img_4804

ハクビCホワイトは成分含有量の少なさや定価の高さ、そして糖衣錠といった観点から、「評価できるところの少ないお薬」といった感想です。佐藤製薬のブランドに期待していると、ガッカリしてしまうかもしれません。

ドラッグストアで買うのであればハクビCホワイトよりもトランシーノホワイトCの方がおすすめできます。ハクビCホワイトよりも安いのに充実した成分含有量です。

ネットで購入するのであれば、ハクビCホワイトやトランシーノホワイトCよりもミルセリンホワイトの方がおすすめできます。ミルセリンホワイトはトランシーノホワイトCと全く同じ成分含有量でありながら価格が安いからです。

ミルセリンホワイトはドラッグストアで販売されていないのでディスカウントセールなどはありません。そうしたセールで購入するのであればトランシーノホワイトCの方が安いこともあるかもしれません。

しかし、ミルセリンホワイトは販売サイトから安定して低価格で購入することができるのが魅力です。いつでも同じ価格で買える安心感と手軽さは継続に繋がります。

もしL-システイン240mgが多すぎるというのであれば、ロスミンローヤルがいいですね。ロスミンローヤルのL-システイン含有量は160mgなので、L-システインの副作用が出にくいお薬です。

他のシミ飲み薬でL-システイン含有量の少ない物は「ただ減らしただけ」の物がほとんどです。ロスミンローヤルだけは、減らしたL-システインを補うようにあらゆる生薬を配合しています。そのため、ただ減らしただけの薬よりも美容効果が高いんです。

美容だけでなく冷え性や肩こりの改善にも効果があり、価格は最安値購入で4,800円。ハクビCホワイトの低下と変わらずにこの機能はすばらしいです。初回は1,900円なので、1本だけお試しに買ってみてもいいでしょう。