ビタトレールネージュホワイトはこんなお薬です

ビタトレールネージュホワイトはビタトレールホワイトを販売している会社が新しく発売したお薬です。ビタトレールホワイト同様、1瓶1,000円程度で買えるお手頃価格が魅力的なシミ飲み薬です。

1瓶1,000円という激安価格を見ると、嬉しい反面少し心配になりますね。実際にはどんなお薬なのかを確かめるために、ビタトレールネージュホワイトを購入してみました。

「なぜ1,000円という激安価格での販売なのか?」「大きさや箱の中身、味やにおいは?」など、実際に見て飲んで調査してレポートをまとめました!

ビタトレールネージュホワイトの商品解説はこちらのページへ
ビタトレールネージュホワイトを徹底調査!効果や副作用、値段についてまとめてみました。

ビタトレールネージュホワイトの商品外観

img_4891

ビタトレールネージュホワイトの商品外観は、雪の結晶が描かれたかわいらしいデザインになっています。シミといえば紫外線の強い夏なのになぜ雪の結晶?と最初は感じましたが、よくよく考えたら白雪姫のイメージだろうという考えに至りました。

箱の上面と商品名だけがシルバーのメタリックカラーになっています。光の加減で光るので、目出ちますね。しかし、キャッチコピーが目立たないので、パッと見では何のお薬なのかわかりにくいデザインです。

写真はビタトレールネージュホワイトは240錠入りです。外箱を見ただけでそれなりにボトルが大きそうなのがわかりますね。

ビタトレールネージュホワイトの外箱記載事項

img_4892

「しみ そばかす 日やけに」と、とてもシンプルなキャッチコピーが正面に書かれています。小さく書かれているので、一瞬見逃しそうになりました。

正面と裏面は同じパッケージデザインで、特に何も書かれていません。横面には成分含有量や効果・効能、用法・用量などが書かれています。シミがどのようにして消えるのかがイラストで解説されているのがわかりやすくていいですね。

img_4895

製造販売元として『日本ビタミン化学株式会社』と書かれています。同じ名前を冠したビタトレールホワイトは『寧薬化学工業株式会社』。ただ名前がかぶっただけなのか?他の会社が名前を買い取って作っているのか?色んな疑問が生まれますね。

日本ビタミン化学株式会社のホームページを見ても、ビタトレールネージュホワイトに関しての記述はありません。同じく、寧薬化学工業株式会社にもビタトレールホワイトは掲載されていません。

ではどこに掲載されているのかというと、『株式会社メディスンプラス』という会社のサイトにビタトレールシリーズが自社商品として紹介されています。日本ビタミン化学株式会社と寧薬化学工業株式会社は製造販売元となっていますが、実質的には製造のみを行なっているようです。

株式会社メディスンプラスがビタトレールシリーズとして、シミ飲み薬以外にも多種多様なビタミン剤を販売しているようす。全くビタミンが含有されていない化粧品にもビタトレールというブランドが付いています。少しフシギな気持ちになりました。

ビタトレールネージュホワイト開封したらこんな感じです

img_4894

ビタトレールネージュホワイトは、黄緑のような黄色のような、人によって見方が変わりそうな色合いの金属製のキャップです。ボトルは一般的なガラスボトル。薬らしいボトルですね。

ビタトレールネージュホワイトも白を基調としたデザインですから、キャップは白色だと思って開封したらこのカラーだったので少し驚きました。せっかく白雪姫をイメージさせるかわいいラベルなのに、あまり合っていません。

ここでフシギなことがひとつ。商品の内容を確認するために買った180錠入りタイプビタトレールホワイト。そして、240錠入りのビタトレールネージュホワイト。

フシギなことに瓶のサイズが同じです。箱のサイズは若干異なっていましたが、瓶は全く同じサイズです。瓶のサイズが違うことを期待して少ない量のタイプを買っていたら、これはガッカリしてしまいますね。

よくよく見ると、同じ瓶のサイズで入っている薬のかさが違います。240錠入りを買う時点で携帯性を強く意識している人は少ないでしょうから、これでもいいのかもしれません。

けれど、それならキャップは白の方が良かったのでは?と、色々と考えてしまいます。製造会社が変わったせいでキャップカラーを選べなかったのでしょうか。

デザインは気にしないという人もいます。その一方で、プラシーボ効果があるということも事実。

やはりできる限りキレイで女性らしい方が飲んでいて効果があるように感じられるのは、管理人だけなのでしょうか。気になります。

ビタトレールネージュホワイトの添付文書について

img_4897 img_4898

ビタトレールネージュホワイトに本剤と説明文書が付いてきます。ビタトレールネージュホワイトの説明文書は驚くほどシンプルで、なんとなくテスト用紙を思い出させるデザインです。

冒頭には薬の説明として、このような記載があります。

    ネージュホワイトは、肌や生体の代謝に関与するL-システインおよびメラニンの生成を抑えるアスコルビン酸(ビタミンC)にパントテン酸カルシウムを配合した製剤で、しみ・そばかす・二日酔い・全身倦怠にすぐれた効果を発揮します。

たくさんのシミ内服薬を見てきましたが、L-システインの解説で「肌や生体の代謝に関与する」という表現は初めてです。間違いではありませんが、L-システインにもメラニンの生成を抑制する効果があるのに、まるでビタミンCにしか意味がないような記述は気になりました。

使用上の注意に関しては、以下のような記載があります。

  • 相談すること
  • 1.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
    皮膚:発疹
    消化器:吐き気・嘔吐、腹痛
  • 2.服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
    下痢
  • 3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この説明書を持って医師、歯科医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

ビタトレールネージュホワイトはL-システイン・ビタミンC・パントテン酸カルシウムの3つの成分構成です。この成分構成はハイチオールCシリーズと同じで、含有量としては元祖ハイチオールCと、ハイチオールCプルミエールと全く同じです。

そう考えると1瓶1,000円はすごく安いように感じられますね。しかし、元祖ハイチオールCはすでに廃盤になっている商品です。

なぜ廃盤になったか?それは安価で良いお薬がどんどん発売されているからです。作りがひと昔前なんですね。そうしたお薬に1,000円出すのは少しもったいないように感じます。

効果・効能についてはこのように記載されています。

  • しみ、そばかす、日やけ・かぶれによる色素沈着
  • 全身倦怠
  • 二日酔
  • にきび、湿疹、じんましん、かぶれ、くすりまけ

効果・効能の表記も、ハイチオールCシリーズと同じになっています。ビタトレールネージュホワイトはビタミンC含有量が少ないのでビタミンCの効果が記載されていません。

L-システイン・ビタミンC・パントテン酸カルシウムで構成されているシミ内服薬のほとんどがこの表記と同じになっています。ビタミンCが少なくとも、L-システインとパントテン酸カルシウムだけでこれだけの効果が得られるのでしょう。

ビタトレールネージュホワイトを実際に飲んでみました

img_4896

ビタトレールネージュホワイトは糖衣錠になっています。成分含有量といい、錠剤のコーティングといい、元祖ハイチオールCと全く同じお薬ですね。しかし、製造会社は異なるようです。

糖衣錠なので、甘い味がします。薬特有の苦みや酸っぱさはありません。匂いもないので、飲みにくさはゼロですね。

しかし、糖の代謝成分が入っていない糖衣錠を毎日摂取することはやはり抵抗があります。毎日白糖を摂取することで体内や肌に悪い成分が蓄積してしまう懸念点があります。

フィルムコーティング錠は口に入れた時に少し溶けてべたっとした感触があるかもしれません。その分、糖の代謝成分がなくても安心して飲めるといったメリットがあります。

シミを消す成分にだけ注目するのではなく、こうしたポイントにも注目してシミ内服薬を選ぶことが、効果を体感するための近道です。

ビタトレールネージュホワイトのまとめ・評価

img_4893

ビタトレールネージュホワイトは元祖ハイチオールCと同じ内容のお薬です。元祖ハイチオールCがすでに廃盤になっていることを考えると、ビタトレールネージュホワイトがあまり優れたシミ飲み薬ではないことがわかりますね。

価格は1瓶1,000円と激安ですが、1,000円でビタトレールネージュホワイトよりも成分が充実したシミ飲み薬もあります。安物買いの銭失いにならないためには、きちんと成分や薬のコーティング方法などを確認してから購入することが大切です。

シミを緩和する成分はL-システインだけではありません。ビタミンCも重要な役割を担っています。

L-システインがシミに効くというイメージがありますが、実はL-システインは新しいシミを作らせない効果、そして肌の代謝を良くする効果しかありません。

シミを無色化する役割が大きいのはビタミンCの方なのです。しかし、ビタミンCは体のあらゆる部分で利用されるため、シミ緩和のために使われる前に消費されてしまうことがほとんどです。

シミのためにビタミンCを活用するためには多くのビタミンCを摂取しなければいけません。ビタミンC、L-システイン共に高含有で安価なシミ飲み薬の代表は、ミルセリンホワイトだと管理人は考えています。

ミルセリンホワイトはビタミンCが1,000mg、L-システインが240mg配合されています。ビタミンCが高含有なので、健康のためだけに消費されて終わりにくいという特徴があります。

価格は1瓶2,000円とビタトレールネージュホワイトの倍近くしますが、それだけの価値があるお薬です。ビタトレールネージュホワイトにサプリメントを加えて同じだけの成分を摂取しようとすると、1,000円以上掛かります。

もし今現在、シミ以外の悩みがあって色んなサプリメントや薬を服用しているのであれば、ロスミンローヤルをチェックしてみてください。ロスミンローヤルは1瓶5,000円近くしますが、シミ・小じわの緩和といったアンチエイジング効果、冷え性や肩こり、目まいなどの体調不良を緩和する健康効果とさまざまな効果が明示されています。

他のサプリメントを色々と買って飲むのであれば、ロスミンローヤル1本にしておいた方が安価で済む場合があります。サプリメントと違って薬なので、効果が明示されているところも嬉しい点ですね。

初回は1,900円とミルセリンホワイトと変わらない値段で購入することができます。美容面・健康面でシミ以外の悩みを抱えている人は、一度試してみて効果を体感してみてはいかがでしょうか。