ビタホワイトプラス「クニヒロ」の詳細・口コミ情報

ビタホワイトプラス「クニヒロ」シミの第三類医薬品をネットで検索していたら出会う確率が非常に高いこの商品、ビタホワイトプラス「クニヒロ」

同じ会社が販売している商品にネオビタホワイトプラス「クニヒロ」という商品もあります。

名前に「ネオ」が付いている物のパッケージ以外に違いはありません

公式販売サイトもなく、製造販売元会社もあまり知名度が高くない『皇漢堂製薬株式会社』というところ。

謎が謎を呼ぶシミ消し薬。ただ、実売価格が激安ということで気にされている人はとても多いようです。

それでは、ビタホワイトプラス「クニヒロ」は一体どのような成分構成のお薬なのでしょうか?

ビタホワイトプラス「クニヒロ」の成分や値段などをチェックしました。

ビタホワイトプラス「クニヒロ」の特徴

ビタホワイトプラス「クニヒロ」の特徴は、とにかく実売価格が激安だということ。定価は約5,000円とされていますが、実際に定価で販売しているサイトは見当たりません。800~900円程度で販売されています。

そんなに安いのなら成分がしょぼいのでは?と思ってチェックしてみると・・・意外にもしっかりとした内容。思わず買ってしまう人も多いのではないでしょうか。

ビタホワイトプラス「クニヒロ」の成分

6錠中
ビタミンC(アスコルビン酸)600mg
L-システイン240mg
コハク酸d-α-トコフェロール(ビタミンEのコハク酸エステル)50mg
リボフラビン酪酸エステル(ビタミンB2酪酸エステル)12mg

L-システイン、アスコルビン酸といった基本的なシミ消し成分に加えて、ビタミンEも含まれています。この価格でこの成分内容は充分過ぎるほどですね。

アスコルビン酸

アスコルビン酸がビタミンCとして600mg配合されています。アスコルビン酸は純粋なビタミンC原末です。安価なシミ消し薬ではアスコルビン酸カルシウムが利用されていることがほとんどなのですが、ビタホワイトプラス「クニヒロ」ではアスコルビン酸が使用されています。

しかもしっかり600mgも含有されているので、ドラッグストアで市販されているシミ消し薬の中ではかなり良い部類ではないでしょうか。

L-システイン

シミ消し薬の王道成分であるL-システインも国内最大量含有量240mg。L-システインにはメラニンの色を薄くする効果があるシミ消し薬には欠かせない成分。

ビタミンC600mgにL-システイン240mg。これだけ含有されていて実売価格が900円ほど。これだけ充実しているお薬は他ではなかなか見られません。

コハク酸d-α-トコフェロール(天然型ビタミンE)

ビタミンEとして配合されているコハク酸d-α-トコフェロール。ビタミンEは近年注目されている美容成分。「若返りビタミン」と呼ばれており、食べても塗っても美肌に効果があります。

高い抗酸化作用が細胞の老化を防止してくれるため、肌の老化を食い止めることができます。若返り、とまではいかないかもしれませんが、老化を食い止められるのは嬉しいことですね。

リボフラビン酪酸エステル(ビタミンB2酪酸エステル)

リボフラビン酪酸エステルは、ビタミンB2を摂取するための薬の名前です。基本的に頭に「リホフラビン」という名前が付く成分はビタミンB2を摂取するための薬で、その後に付く言葉で処理の仕方が違う物だと考えてください。

ビタミンB2は皮膚や髪などの細胞の再生を促進する効果があります。ビタホワイトプラス「クニヒロ」ではビタミンB2を摂取して肌の代謝を上げてターンオーバーを活性化させる目的で配合しているようです。

その他の添加物

ビタホワイトプラス「クニヒロ」では、薬効を期待した成分は上記の4つになります。それ以外、以下の添加物が含まれています。

セルロース、トウモロコシデンプン、乳糖水和物、ヒドロキシプロピルセルロース、無水ケイ酸、ヒプロメロース、白糖、タルク、酸化チタン、アラビアゴム、ポビドン、カルナウバロウ、ステアリン酸マグネシウム

特に珍しい添加物は入っておらず、副作用を心配する必要はないでしょう。糖衣錠なので白糖が入っています。砂糖の摂取を気にしている人は要注意です。

成分についての評価

この価格でL-システインやアスコルビン酸、ビタミンB2やビタミンEを摂取できるのは、かなりお得ですね。L-システインを摂取することだけが目的であれば、コストパフォーマンスから考えてもとても優れた薬と言えます。

唯一気になるのが糖衣錠というところ。砂糖が効果に影響を及ぼすわけではないので、砂糖の摂取さえ気にしなければ問題ないかもしれません。が、美容のために毎日飲むということを考えると、あまりおすすめはできません。

ビタホワイトプラス「クニヒロ」の効果・効能

  • 次の場合のビタミンCの補給:肉体疲労時、妊娠授乳期、病中病後の体力低下時、老年期
  • 次の諸症状の緩和:しみ、そばかす、日やけかぶれによる色素沈着
  • 次の場合の出血予防:歯ぐきからの出血、鼻出血

色素沈着によって起こっているしみへの効果とビタミンCを補給することによる健康効果が明記されています。その他のシミ消し薬と比較して全く違いがなく、多くの人は「これでいいのでは?」と思ってしまいそうです。

ただ、ビタホワイトプラス「クニヒロ」をイチ押しできない理由もあります。それは最後の評価のところにまとめますので、気になる人はご一読ください。

ビタホワイトプラス「クニヒロ」の副作用・使用上の注意事項

商品販売ページには、以下の記載があります。

  • 1.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
    消化器:吐き気・嘔吐、腹痛
  • 2.服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
    下痢
  • 3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この説明書を持って医師、歯科医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

使用上の注意に関しても他のシミ消し薬と変わりありません。他のサプリメントと一緒に飲んでいる場合の過剰摂取にさえ気を付ければ、特に問題はないでしょう。

ビタホワイトプラス「クニヒロ」の価格・購入方法

ビタホワイトプラス「クニヒロ」の価格

180錠入り(1か月分):定価5,184円
実売価格:810円
1日あたりの価格:約20円

ビタホワイトプラス「クニヒロ」の購入方法

入手先:ドラッグストア、楽天やAmazonなどの通販サイト

ビタホワイトプラス「クニヒロ」はドラッグストアや大手通販サイトなどで購入することができます。どこで販売しているのを見ても、定価で販売されているところがありません。

シミ消し薬の中では最安値です。お金はかけられないけれどシミ消し薬を飲みたい、と考えている人にとっては良い薬ですね。

ビタホワイトプラス「クニヒロ」通販サイト(Amazon)はこちら

 

当サイト管理人の評価

オススメ度:★★☆
ビタホワイトプラス「クニヒロ」は★2評価です。実売価格が非常に安いこと、ビタミンCやL-システイン、ビタミンE、ビタミンB2などまんべんなく配合されていることを考えれば★3つでは?と思われるかもしれませんが、これには理由があります。

それは糖衣錠であるということ。効果に影響を及ぼすわけではありませんが、白糖はあまり健康に良くないことで知られています。砂糖が原因の「砂糖じみ」というしみも存在するほど肌に良くありません。錠剤をコーティングする分だけなので微量ではありますが、毎日摂取すること考えるとあまりおすすめできません。

ビタホワイトプラス「クニヒロ」と比べると高く感じてしまいますが、ミルセリンホワイトは2000円でフィルムコーティング錠です。しかもビタミンCの含有量が高く、ビタミンB6も摂取することができます。ビタミンB6 は肌のターンオーバーを促進してくれる栄養素なので、摂取した方が断然効果的です。

価格を気にされないのであれば、ロスミンローヤルはビタホワイトプラス「クニヒロ」よりもミルセリンホワイトよりもおすすめです。シミだけでなくシワにも効果がある飲み薬で、美容だけでなく健康効果もあります。

ビタホワイトプラス「クニヒロ」はシミ消し薬の入門編と考えて、成分の副作用がないかどうかを確認するための最初のお試しとして飲んでみる分はいいかもしれません。継続するのであれば、断然ミルセリンホワイトかロスミンローヤルをおすすめします。せっかく飲むなら効果があった方が嬉しいですよね。

シミ対策薬はここで紹介している物だけではなく、色んな商品があります。そちらは人気のシミを消す薬ランキングで詳しく紹介しています。
ミルセリンホワイトの紹介はこちら
ロスミンローヤルの紹介はこちら
シミを消す薬の人気ランキングはこちら