フェミール(R)ホワイトの詳細・口コミ情報

フェミール(R)ホワイト商品画像フェミール(R)ホワイトはドラッグストアでも購入できるシミ消し薬の1つです。

ドラッグストアで販売されている物は大手メーカーの影に隠れて見えなくなってしまっている物が多々ありますがフェミール(R)ホワイトもそんなお薬の1つです。

そんなあまり名前を聞くことのないフェミール(R)ホワイト、一体どんな成分構成になっているのでしょうか?

フェミール(R)ホワイトの成分や値段などをチェックしました。

フェミール(R)ホワイトの特徴

フェミール(R)ホワイトは京都薬品ヘルスケアという会社で製造されているシミ消し薬です。京都薬品ヘルスケアは多くのメーカーのシミ消し薬を生産している会社で、フェミール(R)ホワイト以外にもトランシーノホワイトCやミルセリンホワイト、キュアティホワイトなどがあります。探せなばもっとあるかもしれません。

京都薬品ヘルスケアで生産されているシミ消し薬は、ほぼ全てが同じ成分構成をしています。粒の形も、ビンの形も同じです。販売されているメーカーでパッケージが異なるだけなのです。

そのため、フェミール(R)ホワイトが効いたという人もフェミール(R)ホワイト以外の同じ会社が製造している薬に目を向けてみると、コストダウンができるかもしれません。

フェミール(R)ホワイトの成分

6錠中
アスコルビン酸(ビタミンC):1000mg
L-システイン:240mg
コハク酸d-α-トコフェロール(天然型ビタミンE):50mg
リボフラビン(ビタミンB2):6mg
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6):12mg

この成分構成は、トランシーノホワイトC、ミルセリンホワイト、キュアティホワイトと全く同じです。アスコルビン酸(ビタミンC)が1000mg、L-システイン240mgと、の含有量がかなり高くあります。それ以外にコハク酸d-α-トコフェロール(天然型ビタミンE)やビタミンB2、B6まで配合されています。シミ消し薬の中では高機能な部類だと言えるでしょう。

アスコルビン酸

アスコルビン酸は100%ビタミンCの原末です。シミ消し薬にはアスコルビン酸カルシウムが利用されていることがほとんどです。アスコルビン酸カルシウムには1000mgのうち、100gほどのカルシウムを含有しており、純粋なビタミンCではありません。カルシウムは美白に関係がなく、アスコルビン酸よりもアスコルビン酸カルシウムの方が薬価が安いということで多用されているようです。

L-システイン

L-システインは美白に欠かせない優秀なお薬です。フェミール(R)ホワイトには、L-システインが国内最大量含有量の240mg含有されています。ビタミンCとL-システインの配合量はかなり多い部類で、美白効果がかなり期待できます。

コハク酸d-α-トコフェロール(天然型ビタミンE)

ビタミンE 、またの名を「若返りビタミン」といい、近年、注目をされている美容成分です。塗っても食べても美容に良いと言われており、ビタミンEを多く含有するアーモンドミルクなどが一時期流行りました。高い抗酸化作用で体内細胞膜の酸化を防ぎ、細胞の老化を防いでくれます。

リボフラビン(ビタミンB2)

ビタミンB2は皮膚や髪などの細胞の再生を補助する役割をしています。疲れ目の予防や生活習慣病の予防といった効果も期待できる美容・健康に非常に良いビタミンです。

フェミール(R)ホワイトには 6mgのビタミンB2が含まれています。成人女性のビタミンB2の推奨摂取量が1.2mgなので、6mgあれば充分に効果を期待できます。

ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)

ビタミンB6は酵素の働きを助けてくれる補酵素の役割をしてくれる栄養素です。人は皆、体内に酵素を持っています。一時期流行った酵素サプリメントは酵素そのものを摂取することにより体内の酵素を増やす、という効果を期待されていました。しかし、酵素を摂取するよりも補酵素を摂取して体内の酵素を活性化した方が自分の体に合った元気な酵素に働いてもらうことができます。

ビタミンB6 は水溶性で、体内に貯めておくことができません。そのためビタミンB6の効果を期待するのであれば、毎日ビタミンB6を摂取する必要があります。ビタミンB6の成人女性の推奨摂取量が1.2mg。フェミール(R)ホワイトには12mgのビタミンB6が含有されています。フェミール(R)ホワイトだけで、充分なビタミンB6を摂取することができます。

その他の添加物

フェミール(R)ホワイトでは、薬効を期待した成分は上記の5つになります。それ以外、以下の添加物が含まれています。

トウモロコシデンプン、乳糖水和物、セルロース、CMC、ヒドロキシプロピルセルロース、ステアリン酸Mg、ヒプロメロース、ポリビニルアルコール(部分けん化物)、酸化チタン、タルク、大豆レシチン、カルナウバロウ

特に副作用が危険視されている添加物は含まれていません。大豆レシチンが含まれているので、アレルギーの方は注意してください。

砂糖不使用のフィルムコーティング錠

フェミール(R)ホワイトはフィルムコーティング錠です。そのため、ノンシュガーです。白糖を取りたくない女性にとってはシミ消し薬を選ぶ時の重要ポイントではないでしょうか。

成分についての評価

ビタミンCやL-システインといった定番の成分だけではなく、ビタミンEなどの美容に良いとされている成分が配合されていることは評価できます。特にビタミンCの含有量1000mgはシミ消し薬の中では多い部類です。

しかし、この成分構成は、トランシーノホワイトCやミルセリンホワイトと全く同じ物となっています。目新しさはありません。また、同じ成分構成のその他の薬よりも価格が高いので、成分としては評価できたとしても、この商品自体をおすすめできるかと聞かれると、そうとは言えませんね。

フェミール(R)ホワイトの効果・効能

  • 次の諸症状の緩和:しみ、そばかす、日やけ・かぶれによる色素沈着
  • にきび、湿疹、じんましん、かぶれ、くすりまけ
  • 次の場合の出血予防:歯ぐきからの出血、鼻出血
  • 次の場合のビタミンCの補給:肉体疲労時、妊娠・授乳期、病中病後の体力低下時、老年期

効果・効能の表示はミルセリンホワイトと全く同じ記載となっています。同じ成分構成なので、効果・効能が同じなのは当然と言えば当然ですね。にきびや湿疹、じんましんなどの肌トラブルへの効果は多くのシミ消し薬にはないので、特徴と言えるのではないでしょうか。

フェミール(R)ホワイトの副作用・使用上の注意事項

商品販売ページには、以下の記載があります。

■使用上の注意
相談すること
1.次の方は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
【関係部位:皮膚】症状:発疹・発赤、かゆみ
【関係部位:消化器】症状:吐き気・嘔吐、胃部不快感、腹痛
3.服用後、次の症状があらわれることがありますので、このような症状の持続又は、増強が見られた場合には、服用を中止し、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。●下痢、便秘
4.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、添付文書を持って医師、歯科医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
5.服用後、生理が予定より早くきたり、経血量がやや多くなったりすることがあります。出血が長く続く場合は、添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

フェミール(R)ホワイトはあらゆる栄養素を含有しているため、他のシミ消し薬よりもさまざまな副作用が心配されています。しかし、普通に普段から食品を経由して摂取している栄養素ばかりです。過剰摂取による影響が懸念されますが、用法・用量を守って飲む分には問題ないでしょう。

フェミール(R)ホワイトの価格・購入方法

フェミール(R)ホワイトの価格

180錠入り(1か月分):定価4,104円
1日あたりの価格:約137円

フェミール(R)ホワイトの購入方法

入手先:ドラッグストア、楽天やAmazonなどの通販サイト

フェミール(R)ホワイトはドラッグストアや大手通販サイトなどで販売されています。販売しているショップによってかなり値段が変わってきます。同じ京都薬品ヘルスケアが製造しているミルセリンホワイトは、定期購入にすれば常に2,000円で購入することができます。

シミの薬は継続して続けることが大切です。値段や購入のしやすさなどから、継続しやすい薬を選ぶといいでしょう。

フェミール(R)ホワイト通販サイト(Amazon)はこちら

 

当サイト管理人の評価

オススメ度:★☆☆
フェミール(R)ホワイトは★1評価です。ビタミンC、L-システインだけでなくビタミンE、ビタミンB2、ビタミンB6を配合していることはとても評価できますが、値段が高い。同じ成分の薬でもっと安価で販売されている物があるので、これはおすすめできません。

同じ成分の薬の1つであるミルセリンホワイトはネット販売されています。定期購入に申し込めば買い忘れを防止できる上に、常に1本2,000円で購入することができるので、値段が安定しているところも魅力的です。フェミール(R)ホワイトと全く同じ成分でこの値段の差は大きいですね。

シミだけでなく、美容・健康全般に渡ってのアンチエイジングがしたい人にはロスミンローヤルが断然良いでしょう。小じわや冷え性などにも効果があるお薬です。全体的なアンチエイジングができるので、他の化粧品やサプリメントを買い足す手間やコストが削減できます。ミルセリンホワイトやフェミール(R)ホワイトよりは高価ですが、価値のあるお薬です。

シミ対策薬はこれだけではありません。色んな商品があります。そちらは人気のシミを消す薬ランキングで詳しく紹介しています。
フェミール(R)ホワイトと同じ成分!ミルセリンホワイトの紹介はこちら
ロスミンローヤルの紹介はこちら
シミを消す薬の人気ランキングはこちら