ホワイトC錠の詳細・口コミ情報

ホワイトC錠商品画像ホワイトC錠はネット専売のシミ消し薬ですが、ネットでもあまり名前が上がらないほどあまり有名ではありません。

「ホワイトC」で検索をすると、トランシーノホワイトCばかりがヒットして、ホワイトC錠に関する情報はあまり出てきません。

「ホワイト」「C」の付く名前のシミ消し薬は多くありますから、ホワイトC錠をピンポイントで検索しようとすると「PLOホワイトC錠」で検索する必要があります。

パッケージにも販売サイトにもホワイトC錠とかしか書かれていませんが、他の薬と区別するためにこう呼ばれ始めたのでしょう。

このホワイトC錠はどのような薬なのでしょうか?

ホワイトC錠の成分や値段などをチェックしました。

ホワイトC錠の特徴

ホワイトC錠説明ホワイトC錠は「きずなや」というネットショップが販売しているシミ消し薬です。

三昧生活という会社が運営をしています。

三昧生活ではホワイトC錠の他にグルビタEX錠という関節痛・神経痛の薬を販売している会社です。

こちらも第三類医薬品となっています。

どちらにしてもあまり知名度は高くありません。

ネットで評判を見ようにも、あまりにもシンプルな名前のせいで他の商品と混ざってしまって非常に見つけにくい商品です。

商品自体にも特徴らしい特徴がなく、ホワイトC錠をおすすめするような声は見かけられません。

ホワイトC錠の成分

6錠中
L-システイン 240mg
アスコルビン酸 300mg
パントテン酸カルシウム 24mg

ホワイトC錠はL-システインとビタミンC、パントテン酸カルシウムといった3種の成分で構成されています。この成分の数と含有量は、あの有名なハイチオールCプルミエール、元祖ハイチオールと全く同じ量です。

L-システイン

シミ消し薬の代表的成分である L-システインはホワイトC錠にも国内最大含有量の240mgが含有されています。メラニンの生成を抑制する効果、肌のターンオーバーを活性化する効果があります。

アスコルビン酸

アスコルビン酸は、ビタミンCを摂取するための薬です。ホワイトC錠には300mg含まれています。ハッキリ言って、少ないですね。

ビタミンCは体のあらゆる面で消費される栄養素です。摂取するとまっすぐ美容のために向かうのではなく、先に健康のために消費されてしまいます。そのため、300mg程度では美容のために使われることはほとんどないのではないでしょうか。

パントテン酸カルシウム

ビタミンB5を摂取するための薬がパントテン酸カルシウムはです。肌の新陳代謝を促進したり、補酵素として酵素の働きを助けたりする効果が期待できます。

それ以外にも、ビタミンCの効果を補助する働きをしてくれます。ビタミンCの美白効果はかなり信頼度が高くあります。そのため、シミ消し薬の多くでパントテン酸カルシウムが配合されているのが見かけられます。

その他の添加物

薬効を期待した成分は上記の3つになりますが、それ以外にも添加物として以下の物が含まれています。

乳酸Ca、セルロース、部分アルファー化デンプン、ヒドロキシプロピルセルロース、無水ケイ酸、ステアリン酸Mg、ヒプロメロース、マクロゴール、白糖、炭酸Ca、タルク、アラビアゴム、酸化チタン、カルナウバロウ

重篤な副作用が指摘されている成分は添加されていません。気になるのは糖衣錠なので、白糖が含まれているという点。白糖は美容、健康共に毎日摂取するべき物ではありません。

成分についての評価

この成分構成は、はっきり言ってシミ消し薬として頼りないですね。元祖ハイチオールCとほぼ同じ構成と言っていいでしょう。元祖ハイチオールCもシミを消す第三類医薬品として認められていましたので、ホワイトC錠も同じぐらいの効果は見込めるでしょう。

しかし、シミ消し薬はかなり進化していて、すでに次のステージに進んでいます。もともと同じ成分構成であった元祖ハイチオールCは廃盤となり、すでにバージョンアップした商品しか販売されていません。ホワイトC錠はかなり時代遅れな商品と言っても過言ではありません。

ホワイトC錠の効果・効能

  • しみ・そばかす・日やけなどの色素沈着症
  • 全身倦怠
  • 二日酔
  • にきび、湿疹、じんましん、かぶれ、くすりまけ

L-システインとビタミンCによるシミなどの色素沈着症への効果を一番に挙げています。その他、全身倦怠、二日酔い、にきびなどの肌荒れが書かれていますが、これらの効果・効能は全てハイチオールCに書かれている物と全く同じです。

ホワイトC錠の副作用・使用上の注意事項

  • 本剤は、尿及び大便の検査値に影響をおよぼすことがありますので、尿及び大便の検査を受ける場合には、本剤を服用していることを医師にお知らせください。

使用上の注意に関してはかなり簡素です。同じ成分含有量のハイチオールCでは他にも副作用に関しての注意喚起表示がありましたが、ホワイトC錠には書かれていません。実際に副作用を起こすほどでもない成分含有量なので問題はありませんが、消費者に対しての心配りの面が気になってしまいますね。

ホワイトC錠の価格・購入方法

ホワイトC錠の価格

180錠入り(1か月分):定価3,800円
1日あたりの価格:約127円

ホワイトC錠の購入方法

ホワイトC錠キャンペーン入手先:公式通販サイト

ホワイトC錠は「きずなや」の公式通販サイトから購入することができます。

初回1本だけ1,900円で購入することができますが、それ以降はまとめ買いなどの割引制度はありません。割高感が否めませんね。

ホワイトC錠公式サイトはこちら

 

当サイト管理人の評価

オススメ度:☆☆☆
オススメ度は★0です。かなり厳しめの評価ですが、はっきり言って購入する理由が見当たりません。成分が充実しているわけでもなく、価格が安いわけでもなく、ブランドの安心感があるわけでもありません。何をとっても時代遅れ感が否めません。

元祖ハイチオールCと全く同じ構成なので効果が全くないとは言いませんが、現在ではもっとすばらしいシミ消し薬が多種販売されています。その中でわざわざホワイトC錠を購入することはないでしょう。これであれば、全く同じ成分量が摂取できるハイチオールCプルミエールの方がずっとマシです。同じ成分量でも飲む量が少なく、価格も安くなっています。

しかし、ハイチオールCプルミエールも成分が充実しているわけではありません。シミを薄くする効果を体感したいのであれば、もっと成分が充実しているルセリンホワイトがおすすめです。

ミルセリンホワイトはL-システインやビタミンCだけでなく、ビタミンEなども配合されています。しかもまとめ買いをすれば1瓶2,000円で購入することができますのでかなりお得です。ホワイトC錠よりも安価で成分が充実しており、しかもフィルムコーティング錠なので白糖を摂取しなくて済みます。どこをとってもホワイトC錠よりも優れています。

そのミルセリンホワイトでも、サポートしているのはシミ消しだけです。他のアンチエイジング効果を求めるのであればロスミンローヤルがいいでしょう。シミだけでなくシワにも効果があり、冷え性や肩こりといった女性を悩ませる健康問題にも効果があります。

アンチエイジングや健康のために複数のサプリメントや薬を飲むつもりであれば、ロスミンローヤル1本で済ませた方が断然安価です。手間もロスミンローヤルを飲むだけで済みます。とっても手軽に美容面も健康面も充実させることができるので、めんどくさくてやめてしまうということも少なくなります。

シミ対策薬はこのページで紹介している物だけではありません。人気のシミを消す薬ランキングで詳しく紹介していますので、比較してみてください。
ミルセリンホワイトの紹介はこちら
ロスミンローヤルの紹介はこちら
シミを消す薬の人気ランキングはこちら