一度できてしまうとなかなか消えない「シミ」は、多くの女性を悩ませています。顔にシミができてしまうと5歳は老けて見える、とても困った存在です。
特に、一定の世代に突入したとたんにシミが出てくるというケースは多いものです。それまでは綺麗な肌だったのに、気が付いたらすでにシミができはじめていたなんて事もあります。

「30歳をすぎてから、急にシミができてしまった!」
「40代に突入してから、シミが目立つようになってきた……」
「50代になってから、シミが濃くなった」

シミに悩む大勢の女性の中から、「どう考えても紫外線が当たらない部分なのに、シミができてしまった」という嘆きの声も聞こえてきます。

なぜそんな場所にシミができてしまうのでしょうか?そもそも、年代が変わるごとにシミができやすくなるのはなぜなのでしょうか?

ここでは、シミができやすい部位と原因を年代別に説明します。シミの原因を把握して、適切な対処法を心がけましょう。

シミができやすい部位と原因

シミは顔にできるものというイメージが定着していますが、体にもシミができるケースは多くみられます。どの部分のシミがどの原因で起こり得るのか、部位別に見ていきましょう。

顔のシミ

多くの女性を悩ませる顔のシミは、目元や頬、おでこにできるケースが多いです。早い人だと、20代でシミができてしまう事もあります。

加齢以外の原因としては、メイクやスキンケアの時に過剰な摩擦力が加わり、肌への負担が蓄積していく事が考えられます。メイクやスキンケアは、力を加えずに優しく行いましょう。

デコルテのシミ

Vネックのトップスなど、デコルテが広く開いた服を着る機会が多い人は要注意です。30代に突入してから、デコルテにシミが出てきたという声がちらほら聞かれます。

顔と同じくらい、デコルテも紫外線を直接浴びやすい部位です。日焼け止めを塗るなど、紫外線対策を忘れないようにしましょう。

手・腕のシミ

車を運転する機会が多い人は、フロントガラスを通じて紫外線を浴びやすい手・腕もシミができやすくなります。

肌のターンオーバーが変化する上に、買い出しや家族の送り迎えなどで車を運転する30代以降の女性の悩みのタネになっています。日焼け止めを塗る、専用の手袋を着用するといった紫外線のダメージを抑える対処が必要です。

肩・背中のシミ

夏場にノースリーブの服を着る機会が多いと、露出した肩や背中が紫外線を直接浴びる時間も長くなります。露出した部分にも日焼け止めを塗り、日傘を活用して紫外線をカットしましょう。

30~40代になると、肌のターンオーバーが遅くなって肩や背中にもシミができやすくなります。対策をお忘れなく。

足のシミ

しっかり日焼け止めを塗る事が多い部位ですが、40代ごろから肌のターンオーバーが追いつかなくなり、シミが出やすくなります。長年にわたる紫外線ダメージが急に現れやすい40代から、足のシミに悩む女性が増えはじめます。

30代のシミの原因は「妊娠によるホルモンバランスの変化」が考えられる

妊娠すると、出産にそなえて女性ホルモンが多く分泌されます。分泌された女性ホルモンは、シミの原因となる「メラノサイト」を刺激・活性化させます。これが、「妊娠中はシミができやすい」と言われる理由です。

2015年度の初産平均年齢は30.7歳であり、30歳を過ぎてから出産する女性が増えています。30代はホルモンバランスが変化しはじめる年代でもあるため、シミのできやすさに拍車がかかっているのです。

30代のシミ対処法は「紫外線カット」

妊娠による女性ホルモン分泌量の増加は防げないので、これ以上シミを増やさないよう努力するほかありません。紫外線を浴びないよう、季節や天気に関係なく日傘を使用しましょう。真冬であろうが曇りであろうが、紫外線が降り注いでいる事に変わりはありません。

出産後は女性ホルモンの分泌量が正常に戻るので、対策を怠らなければシミの増加を防げます。

妊娠中・授乳期でも服用できるシミ対策の医薬品・サプリメントを服用するという手もあります。ロスミンローヤルは「妊娠授乳期・病中病後・肉体疲労・食欲不振などの場合の栄養補給」という効能もあり、栄養補給をしながらシミ対策が可能です。

40代のシミの原因は「加齢によるホルモンバランスの変化」が考えられる

40代に突入すると、ホルモンバランスの変化が顕著となります。更年期に近づくにつれてホルモンバランスが崩れがちとなり、新陳代謝と肌のターンオーバーが鈍っていきます。シミの中でも特に多く見られる「老人性色素斑」が現れやすくなるのも、この年代からです。

紫外線対策を怠っていると、蓄積したダメージがシミという形で一気に現れます。若いうちからしっかり対策しておくに越した事はありません。

40代のシミ対処法は「保湿」と「規則正しい生活」

長年にわたって蓄積したダメージを爆発させない努力が必要です。紫外線対策はもちろん、毎日のスキンケアを通じて入念な保湿を心がけましょう。

ホルモンバランスの乱れに拍車をかけないよう、規則正しい生活・栄養バランスの良い食事の維持は基本です。ストレスが溜まるとさらにホルモンバランスが崩れるので、趣味に打ち込むなどストレス発散方法を見つけておきましょう。

50代のシミの原因は「加齢による肌のターンオーバーの変化」が考えられる

50代のシミの多くは老人性色素斑と言われています。一方で、30~40代に多く見られる「肝斑」は減少していきます。20代の肌のターンオーバー周期が28日前後であるのに対し、50代の肌のターンオーバー周期は40日前後もかかります。

これだけターンオーバーが遅くなると、肌に含まれるメラニン色素が沈着しやすくなり、結果としてシミの原因になっています。50代ともなると、多くの女性が更年期を迎えており、ホルモンバランスが崩れがちです。肌もダメージを受けやすく、シミが増え続けるというケースもあるほどです。

50代のシミ対策は紫外線カットに重点を置く

とにかく、紫外線をカットする事が重要です。日焼け止めと日傘を併用するなど、紫外線によるダメージを最小限に抑えましょう。50代に突入すると肌の水分が減少していくので、保湿によって肌を保護するのも大切です。なるべく、50代向けの基礎化粧品を使ってください。

蓄積している紫外線ダメージは、シミ対策用の医薬品やサプリメントを服用して体内からケアします。ロスミンローヤルなら、シミと同時に肌荒れ・小じわのケアもしてくれます。

シミは肌への負担や病気のサインでもある!

年代によってシミができる主な原因は変わりますが、逆に年代を問わないシミの原因もいくつかあります。

肌への物理的な負担はシミになりやすい

毎日のスキンケアやメイクの時に手の力を入れすぎると、当然ながら肌への負担は大きくなります。その結果、肌を保護しようとメラニン色素が働き、シミができやすくなってしまいます。スキンケア・メイクの時はなるべく力を込めず、優しく行うのが基本です。

ニキビや傷などのケア方法が悪い場合、痕が残ってそのままシミになるケースもあります。専用の塗り薬で消毒・お手入れするか、皮膚科で適切な対処をしてもらいましょう。

シミは皮膚の病気のサインである事も……

シミの形や色によっては、皮膚の病気にかかっている可能性もあります。

脂漏性角化症

シミが盛り上がっている場合、この病気の可能性があります。決して珍しい病気ではない上に良性なので、落ち着いて適切な治療を受けましょう。

日光角化症

その名の通り、直射日光を浴びやすい部分にできやすいのが特徴です。赤っぽいシミが盛り上がっているようなら、注意が必要です。日焼けと勘違いしがちで、なかなか気づかないかもしれません。

皮膚がん

メラノーマ(悪性黒色腫)や細胞がんなど、皮膚がんにはいくつかの種類があります。真っ黒なシミが盛り上がっているとか、シミから出血しているようであれば、早急に皮膚科医の診察を受けてください。

素人には判別が難しいかもしれませんが、以下の症状に当てはまるようなら注意が必要と言えます。

・シミが盛り上がっている
・シミが硬くなっている
・シミの形状や色が安定しない
・シミが真っ黒になっている
・シミから出血や炎症が見られる

レーザー治療でシミを消したい場合

シミの対処法にはもうひとつ、レーザー治療というものがあります。その名の通り、シミにレーザー(光)を当てる事で肌に沈着したメラニン色素を浮かせて剥がす治療法で、主に美容クリニックで行われています。

費用は、シミの大きさや施術を行う施設、使用する機器によって大きく変わります。1万円~3万円台が相場ですが、安いところだと数千円程度で受けられます。最近ではレーザー治療も身近な存在になっていますが、メリットもあればデメリットもあります。

「短期間で済む」のがレーザー治療によるシミ消しのメリット

レーザー治療最大のメリットは、「短期間で効果を実感できる」という点です。濃いシミでも数回の治療でほとんど改善されるケースが多く、「一刻も早くきれいになりたい!」と悩む女性から支持を受けています。

医薬品やサプリメントの場合、効果を実感できるまでに数ヶ月はかかります。シミの濃さや体質によっては、1年以上かかるケースもあります。レーザー治療の場合、前回の治療からある程度時間を置いても比較的短期間で改善が見込めるのです。

レーザー治療はデメリットも多い

「そんなに早くシミが消えるなんて最高!」と思う女性も多いはず。ところが、レーザー治療にはそれなりのデメリットもいくつか存在しているのです。まず、一般的な医薬品・サプリメントよりも費用がかさみがちな点。多くの美容クリニックでは1回の治療で1万円以上かかってしまい、お財布への負担は大きくなります。

お財布以上に、肌への負担が非常に大きいのが悩みどころ。ダウンタイム(術後のケア期間)に1~2週間はかかりますし、そもそも1回の治療で完全に消えるとは限りません。レーザーを肌に直接当てるのは、想像以上に肌へのダメージが大きいものです。

日本人はもともとメラニン色素が多い体質なので、レーザーによる肌ストレスが蓄積し、逆にシミの原因になる事もあります。これでは本末転倒!

さらに問題なのが、施術業者の選び方。事前の説明とは大きく異なる施術やサービスを行う、悪質な業者が社会問題となっています。粗悪な施術による肌トラブルの被害例が実際にあるので、入念な下調べは欠かせません。

このシミ、レーザー治療に向いている?向いていない?

レーザー治療は、全てのシミに対応しているわけではありません。残念ながら、レーザー治療の技術を持ってしてもシミを消せない事はあります。

レーザー治療で消せるシミ

・老人性色素斑
・花弁状色素斑
・そばかす(遺伝も関係しているので再発の可能性あり)
・脂漏性角化症

レーザー治療で消せないシミ

・炎症や傷の跡によるシミ
・肝斑

レーザー治療に抵抗があるなら医薬品・サプリメントを頼ろう

「レーザー治療はいろいろ負担が大きすぎて不安……」という場合、シミ消し用の医薬品やサプリメントを頼る事となります。まず、レーザー治療よりもコストが低く、肌への負担もかかりません。通販で気軽に購入できるので、注文したら自宅に届くまで待つだけでOKなところも魅力的ですね。

特にロスミンローヤルは妊娠中・授乳期でも服用できるほど優しい成分です。シミ消し以外にも、栄養補給や小じわ改善の効果もあるのでおすすめです。

とは言っても『第3類医薬品』に分類されています。不安な方は、服用前に事前にかかりつけの産婦人科医に相談すると良いでしょう。

医薬品やサプリメントは、服用後すぐに効果が現れるものではありません。ロスミンローヤルの公式ホームページでも説明されている通り、最低でも1ヶ月……基本的には数ヶ月単位で服用を続けるのが前提です。

体の内側から、少しずつ負担をかけずにシミを改善していくのが、シミ消し医薬品・サプリメントの役割なのです。

コンシーラーを併用するという方法もあります。医薬品・サプリメントの継続服用でシミが薄くなってくると、よりカバーしやすくなります。コンシーラーを始めとする化粧品に“シミを消す”効果はありません。あくまで一時的に隠すだけなので、過信は禁物です。

負担をかけずにシミを消すなら内服薬やサプリメントがおすすめ!

年代別にのシミの原因や対処法、おすすめのシミ消し内服薬についてご紹介しました。「これ!」といった対処法が見つかりましたでしょうか。

「レーザー治療は怖くてできない……」とか「妊娠・授乳中で負担をかけられない」「なるべくお金をかけずにシミを消す方法を知りたい」という女性には、ロスミンローヤルがおすすめです!

シミ・にきび・肌荒れ・小じわといった美容の悩みはもちろん、肩こり・腰痛・冷え性といった女性に多い悩みの改善も見込めます。第3類医薬品なので、薬剤師による商品説明は不要ですし、通販で気軽に購入できます。

初回なら1900円から購入できるので、気軽にお試しできるところもいいですよね。シミにお悩みの方はまず1瓶試してみられることをおすすめします。