エバユースホワイトEXはこんなお薬です

エバユースホワイトEXはトランシーノホワイトCと同じ製薬会社である第一三共ヘルスケアが発売されているシミ内服薬です。現時点では販売されていますが、生産は終了しているようです。

なぜエバユースホワイトEXの生産が終了となり、第三類医薬品シミ内服薬がトランシーノホワイトCに絞られてしまったのでしょうか?「トランシーノホワイトCとエバユースEXはどう違うのか?」「大きさや箱の中身、味やにおいは?」など、エバユースEXを実際にを購入してレポートいたします!

エバユースホワイトEXの商品解説はこちらのページへ
エバユースホワイトEXを徹底調査!効果や副作用、値段についてまとめてみました。

エバユースホワイトEXの商品外観

img_4876

淡い水色で、ほんの少しマット感があるメタリックカラーのパッケージです。『White』と大きく白文字で書かれています。エバユースホワイトEXという薬名は下の方に、それより小さく書かれています。

エバユースホワイトEXのパッケージを知らずに探しているとわかりにくいパッケージデザインですね。美白を印象付けたいという意図はわかりますが、少し不親切な印象を受けました。

このエバユースホワイトEXには180錠入りの物です。一番大きい容量は270錠入りになります。180錠で30日分。270錠で1ヶ月半分となります。

エバユースホワイトEXの外箱記載事項

img_4877

エバユースホワイトEXの外箱正面と上面には、『シミ・ソバカス、日やけ・かぶれによる色素沈着に』というキャッチコピーが書かれています。シミだけでなく、かぶれなどの肌荒れにも効果があることがわかりますね。

そして横面には『エバユースホワイトEXが効くしくみ』と題して、イラストでシミがどのようにして消えるかを解説してくれています。どの成分がどのようにして効くのかがわかりやすく、この点に関しては親切だと感じられました。

実はエバユースホワイトEXはトランシーノホワイトCと全く成分含有量が同じです。トランシーノホワイトCの薬の箱にも『トランシーノホワイトCの作用』と題して、どのような仕組みでシミが緩和されるのかが描かれています。

しかし、トランシーノホワイトCの方の図解にはビタミンEに関する記述がありません。エバユースホワイトEXの方には『血行を良くするビタミンE』と書かれています。ここのイメージ図に関しては、エバユースホワイトEXの方がいいですね。

エバユースホワイトEX開封したらこんな感じです

img_4878

エバユースホワイトEXはこのように、白いプラスチックの蓋にガラス瓶のボトルになっています。このデザインはトランシーノホワイトCと全く同じです。ラベルが違うだけです。

トランシーノホワイトCと全く同じ成分構成をしているエバユースホワイトEXですが、実は販売会社だけではなく製造会社も同じです。どちらも京都薬品工業で製造されています。

京都薬品工業は多くのメーカーにシミ内服薬を提供している会社です。トランシーノホワイトC、エバユースホワイトEX以外にもミルセリンホワイトなどがあります。

ミルセリンホワイトの詳細はこちら

180錠入りの瓶は少し大きいので、携帯性という点ではあまり良くありません。エバユースホワイトEXはこれが最少サイズなので、持ち歩くにはあまり適さないということですね。携帯する場合は、ピルケースなどに移し替えて持ち歩くようにしましょう。

エバユースホワイトEXの添付文書について

img_4879 img_4880

エバユースホワイトEXの箱の中には、薬本体の他に説明文書が1枚添付されています。この説明文書には効果・効能や服用方法、成分含有量などの情報が書かれています。

『成分・分量』の項目に「本剤は、白色~わずかにだいだい色を帯びた白色フィルムコーティング錠で・・・」と書かれています。これはトランシーノホワイトCの説明文書にも全く同じ記述があります。

その下に書かれている成分一覧もトランシーノホワイトCと全く同じです。・・・つまりは、トランシーノホワイトCと全く同じ薬ということになります。なぜ同じ内容の薬を異なる名前で販売し、そのうちの1つを廃盤にしたのでしょうか。

使用上の注意に関しては、以下のような記載があります。

  • 1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
    (1)医師の治療を受けている人
    (2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
  • 2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、 直ちに服用を中止し、この説明文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
    皮膚:発疹発赤、かゆみ
    消化器:吐き気嘔吐、胃部不快感、腹痛
  • 3. 服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
    下痢、便秘
  • 4. 1ヶ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
  • 5.服用後、生理が予定より早くきたり、経血量がやや多くなったりすることがあります。出血が長く続く場合は、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

5番の生理に関する副作用についてはあまり知られていません。シミを消す薬を飲んで生理に繋がるなんて、あまり想像がつきませんね。

この注意書きはビタミンEを多く含有するシミ内服薬に見られる記述です。いつもと生理の様子が違うと感じたら、服用を中止して様子を見てください。

効果・効能についてはこのように記載されています。

  • 次の症状の緩和: しみ、そばかす、日やけかぶれによる色素沈着
  • 次の場合の出血予防:歯ぐきからの出血、鼻出血
  • 次の場合のビタミンCの補給:肉体疲労時、妊娠・授乳期、病中病後の体力低下時、老年期

効果・効能の内容もトランシーノホワイトCと同じものになっています。エバユースホワイトEXもトランシーノホワイトCもビタミンCが1,000mg含有されていますから、まず肉体疲労の回復効果が体感できるのではないでしょうか。

エバユースホワイトEXを実際に飲んでみました

img_4881

エバユースホワイトEXの錠剤はこのような感じです。写真ではわかりませんが、説明文書に書かれていた通り、若干オレンジのニュアンスを感じます。どちらかというとアイボリーやベージュに近い色合いです。

フィルムコーティング錠で、特に味も匂いもありません。飲みこまずにいるとフィルムが少し溶けてべたっとしますが、飲みこむ時の違和感はありません。

フィルムが完全になくなるまでなめていると、薬が出て来てしまいます。ビタミンCが1,000mgと高含有なので、酸っぱいです。L-システインの方が多い薬の場合、若干イオウのような味がしますが、酸っぱさのせいでそれは感じられません。

1回服用分の2錠で、ビタミンCが約333mg、L-システインが80mg。ビタミンEが約17mg、ビタミンB2 が2g、ビタミンB6を4g摂取となります。

摂取量のみ、トランシーノホワイトCと異なります。見た目も同じ、内容も同じ、添加物も同じ・・・何が違って服用錠数が異なるのかはわかりません。

錠剤の加工法の中には、少しずつ成分がリリースされて長い時間をかけて少しずつ成分を吸収できるタイムリリース加工という物があります。しかし、トランシーノホワイトCにはどう考えてもタイムリリース加工が施されているようには思えませんでした。

エバユースホワイトEXのまとめ・評価

img_4882

なぜエバユースホワイトEXが廃盤となったのか。第一三共ヘルスケアが理由を公開していなません。恐らく、かんぱん治療薬であるトランシーノⅡとブランド名を合わせた物を中心に販売していきたかったのではないか、と推測されます。

エバユースホワイトEXはまだネットで販売されていますが、在庫がなくなれば販売は終了するだろうと予測されます。すでに公式サイトのエバユースシリーズのページにエバユースホワイトEXの名前はありません。

エバユースホワイトEXの代替品として使えるお薬として、真っ先にトランシーノホワイトCが思い浮かびます。全く同じ内容なので、トランシーノホワイトCを飲んでも同じ効果を体感することができるでしょう。

しかし、途中でお話しした通り、エバユースホワイトEX、トランシーノホワイトC以外にも同じ製薬会社で製造されているラベルを貼り換えただけの商品がいくつかあります。その中でトランシーノホワイトCは高値の部類に入ります。

同じ京都薬品工業で製造されている薬の中で、安定して安値で購入できるのがミルセリンホワイトです。定期購入で1瓶2,000円になります。

京都薬品工業で製造されているシミ内服薬の中で、定期購入ができるのはミルセリンホワイトだけです。その他はドラッグストアや通販サイトで販売されている物のみになります。

成分含有量ももちろん大切なポイントですが、継続して飲まなければ意味がありません。継続して飲み続けるためにはどうすればいいかを考えることはとても重要です。

そうした継続して薬を飲み続ける環境の作り方のひとつとして、定期購入はとても良い方法です。あると飲まなければもったいないし、きちんと飲まなければ次のお薬が来てしまうしで、自然と飲むようになる人が多いんです。

定期購入できるシミ内服薬で管理人がイチ推しなのはロスミンローヤルです。ロスミンローヤルは唯一、シミだけではなく小ジワにも効果があるお薬。

それだけではなく、冷え性改善にも一役買ってくれるので、冬場にとても重宝します。紫外線が気になる夏はL-システインとビタミンCが多くて安いミルセリンホワイト、冬場はじっくりシミ緩和と冷え予防でロスミンローヤルと使い分けるのもいいですね。

大切なのは継続することですが、必ずしも同じシミ内服薬でなくても構いません。季節に合った薬を飲めば薬の恩恵も感じやすくなりますし、自分に合ったシミ飲み薬探しにもなります。

ロスミンローヤルは初回1,900円で購入できます。寒くなる頃に1本購入してみて、シミだけでなく、冷えや肩こりの改善効果を実感してみてください。