管理人が愛用しているシミを消す薬、ロスミンローヤル。買いそびれて切らしてしまっていた期間があったので、新たに飲み始める際に体感した効果を記録していきます。

休薬して、改めて飲んでみて、気付かないうちにロスミンローヤルに生活を助けられていたなぁと実感しました。まずは飲み始めて1週間目の記録を公開いたします!

ロスミンローヤルを休薬してみて

まずは休薬して体感した「効果の損失」について書いていきます。なんとなく飲み続けていて効果が当たり前のようになっていましたが、休薬してみてロスミンローヤルがあらゆる問題を緩和してくれていたことに気付きました。

全身の冷えて、温まらない

最初に感じたのは、手足がとにかく冷える!ということです。ロスミンローヤルを飲んでいる時は気付きませんでした。管理人はデスクワークをしていますが、仕事を始めた時と終わる時で体温が全く違います。

体温を測ったことはありません。けれど、手足が冷えてしまって仕事を中断して手足を温めたり、暖房を強くしたりと、とにかく体を温めることに時間と手間を取られました。「今年の冬はいつもより暖かいはずなのに、どうしてこんなに冷えるんだろう?」と疑問に感じていました。

冷え切ってしまうと、お風呂に入っても体がなかなか温まりません。お湯が冷めてしまう方が体が温まるよりも早く、追い焚きが必須になりました。追い焚きしたお湯はとても熱くのぼせてしまうこともあり、なかなか辛い思いをしました。

化粧ノリが悪い硬い肌に

これもロスミンローヤルをやめて、明らかに肌が固くなり、ざらっとした感触に。化粧ノリも悪くいつものファンデーションでも肌が不健康な印象が拭えませんでした。しばらくは「スキンケアは変えていないのに、なぜ?」と疑問に感じていました。

しばらくは全く発生していなかったニキビも、鼻の頭や輪郭の辺りにポツポツと・・・。飲み薬でそこまで肌に影響があるとは飲んでいる本人でも自覚しておらず、休薬して初めて実感・・・という感じです。外側からのスキンケアだけではないのだと感じました。

生理痛がひどくなりました

ロスミンローヤルをやめて、生理通がきつくなりました。ロスミンローヤルには生理痛を緩和する成分は入っていません。効果・効能にもそういった記載はありません。

ただ、体の冷えは生理痛に影響を及ぼすので、「冷え性が緩和される⇒生理痛も緩和される」といった状態になっていたのではと考えております。体の冷えはあらゆる体調不良を引き起こすので、冷え性を緩和することはとても大事なことだと実感しました。

ロスミンローヤルを飲んで1週間の感想

最初に感じた体の変化は「手足が冷えない」ということです。なんとなく日常を過ごしていて、「最近、体が冷えないな」とふと感じるようになりました。変えたことは「ロスミンローヤルを飲むこと」だけなので、間違いなくロスミンローヤルの恩恵だと思います。

夜にフローリングの家を歩く時も、眠る時も、足が冷えないようにと穿いていた靴下を自然に穿かなくなっていきました。穿いていないと体が冷えて仕方がなかったのですが、それがなくなりました。

布団に入った時も体が熱いぐらいで、何枚も着込んでいたパジャマの枚数が減りました。朝起きて脱ぐのが地味に大変だったので、ラクになって大助かりです。こうしたほんの少しのストレスがなくなるって、日常生活ではとても大きなことですね。

何と言っても一番驚いているのは、頬に赤みが差してきたことです。それまで土気色で、チークを乗せないと体調不良だと思われるような肌をしていました・・・。

メイク下地やチークやリップといった血色を良く見せるためのメイクが必要な状態を脱し、
ファンデーションを塗るだけで健康的に見えるようになりました。同じことで悩まれている人は、この地味な作業が地味にストレスになることがわかっていただけるのではないでしょうか・・・。

ロスミンローヤルの飲み方。飲み忘れ防止にこんなことをしました

毎食後、というのは結構難しいです。外食したり、急いで家を出なければならなかったり、たまに飲むのを忘れてしまう時があります。そんな時は「仕方ない」と割り切って、時間をずらして飲むようにしています。

管理人は特に昼食後に飲み忘れることが多いです。なので、もう「飲み忘れる」前提で、帰宅したらロスミンローヤルを1回分飲むことにしています。食後が推奨されているので、クッキーやご飯などを一口二口食べてから飲みます。

そして夕食の時間が離れていれば夕食後にもう一度。夕食の時間が近ければ寝る前に飲むようにしています。とにかく「1日の摂取量を9錠にする」という目標で頑張りました。

飲むのを忘れないように枕元の壁に「ロスミンローヤル」と書いた付箋を貼ってあります。家族の目が気になる場合は、自分だけがわかるようなマークを書いたり、シールを貼っておいたりすると思い出すきっかけになるかと思います。

スマホのスケジュールはあまり思い出すきっかけにならなかったりします。常に使う物なので、通知が邪魔で消してしまってそのまま忘れて・・・という感じです。同じ経験がある人は「見えるところに目印を貼る」という飲み忘れ防止対策を試してみてください。

ただ、飲み忘れたからといって効果がすぱっとなくなるワケではありません。忘れてしまったら「昼は忘れたけど夜はちゃんと飲もう」ぐらいの感覚でいましょう。ロスミンローヤルを続けることがストレスになってしまっては意味がありません。

こうして日々を重ねるうちに生活サイクルに「ロスミンローヤルを飲む」という行動が根付いてきます。飲みやすい薬の置き場所、飲むタイミングなどを徐々に整えて、継続しやすい環境を少しずつ作っていくといいと思います。

まとめ:ロスミンローヤル服用1週間で冷え性が改善

メインの効果・効能はシミや小じわの解消ですが、1週間でそこまで効果はありませんでした。冷え性は生活していてわかるぐらい改善されました。

体が冷え切ってしまうと、なかなか生活に支障をきたします。常に冷えを取ることを考えてしまうので、手間もかかります。改善グッズなどを買ってお金がかかることもあります。

使った手間やお金を考えると、トータルでケアしてくれるロスミンローヤルはものすごくコストパフォーマンスが良く、手間もかからないとても便利な薬だと実感しました。飲んでみないとこの便利さにはなかなか気付けないかもしれません。

個人差はあるでしょうが、1ヶ月も飲んでみれば、冷え性に効果があるかどうか、体に合っているかどうかはわかるのではないでしょうか。お試しで1瓶1,900円で購入できますので、冷え性でお困りの方は一度生活に取り入れてみてください。